ヤマトノ教室

公務員試験・資格試験、受験、金融教育をサポート 

2024-01-01から1年間の記事一覧

バブル経済とは?プラザ合意と崩壊を招いた原因について解説

この記事では、バブル経済の定義や生まれた背景について解説しています。特に日本のバブル経済では、主にどのような社会現象が起きたかをまとめています。そのほか、プラザ合意やバブル崩壊の背景にも触れている記事です。

選挙の投票は有効と無効をどう決める?正しい書き方について

選挙の投票には、有効になるものと無効になるものがあります。余程のことがなければ有効になりますが、書き方を間違えると無効になります。選挙の投票方法や注意点についてまとめている記事です。

ライドシェアとは?タクシーとの違いについて解説

この記事ではライドシェアの制度をタクシーの違いも踏まえて解説しています。ライドシェアにはさまざまなメリットがあり、地方経済を活性化させる上でも注目すべき取り組みのひとつです。ただし社会秩序を中心に懸念すべきポイントもあります。

国会の種類4つを解説!定足数や秘密会のルールも押さえよう

この記事では、国会の種類4つの内容について違いがわかるようにまとめています。さらに定足数や秘密会といった細かいルールも紹介しています。公務員試験や行政書士を受験される方におすすめの記事です。

ステルス値上げは違法になる?うざいと思われてもしたがる理由

この記事では、ステルス値上げが違法になるかを解説しています。他にも企業がステルス値上げをしたがる理由についてもまとめています。身近な経済の現象を知りたい方におすすめの記事です。

法定地上権の成立要件|抵当権の設定との関係性を解説

法定地上権の成立要件には、大きく分けて4つのパターンがあります。公務員試験においては抵当権の設定を中心に、判例も多く問われる分野です。この記事では、法定地上権に関する基本的な判例を取り上げています。

公訴時効の停止における勘違い!逮捕と起訴は違うよ!

この記事では、公訴時効の停止の仕組みを解説しています。特に逮捕したら時効が成立したと勘違いする人が少なくありません。もし事件の被害者となった場合、どのような点に注意すればいいかを最後にまとめています。

物上代位権をわかりやすく解説!差押えや債権譲渡の関係

物上代位権は、民法の物権を学ぶうえで非常に重要な分野です。差押えや破産との関係性を押さえ、判例問題に対応する必要があります。公務員試験受験者に向けて、物上代位権の内容をわかりやすく解説している記事です。

抵当権と物上代位権の関係性|効力が及ぶ範囲についても解説

抵当権とは、目的物を債務者に占有させつつ債権者が優先的に弁済を受けられる権利を指します。この抵当権の内容で、押さえなければならない制度のひとつが物上代位権です。公務員試験の解説用として、抵当権と物上代位権の関係を説明しています。

公務員試験における民法のおすすめ勉強法!合格を勝ち取ろう

公務員試験の民法は、「編」や「章」ごとにまとめる勉強法がおすすめです。ただしこれらの内容は、全て関連し合う点に注意しないといけません。民法の勉強法と、おすすめのテキストも併せて紹介している記事です。

質権と抵当権の違いとは?不動産はどちらが使用・収益できるのか

質権は、質権設定者の占有物を質権者側が占有します。一方で抵当権は、目的物を設定者側が設定する権利のことです。質権と抵当権の違いについて、不動産質を例に解説しています。

ライフサイクル仮説と恒常所得仮説の違い!計算方法も解説

ライフサイクル仮説は、モディリアーニが唱えた理論です。恒常所得仮説は、フリードマンによって唱えられました。両者の違いは、消費がどの所得に依存するかです。この記事では、計算方法についても解説します。

同時履行の抗弁権とは?条文や要件についてわかりやすく説明

同時履行の抗弁権とは、相手が債務を履行するまで自らも弁済しなくていいとする権利です。民法第533条の条文にも明記されており、具体的な要件も定められています。判例の内容を中心に同時履行の抗弁権を解説している記事です。

先取特権をわかりやすく解説!共益の費用とは何を意味しているか

先取特権とは、他の債権者に優先して債務の履行を受けられる権利です。大きく一般先取特権・動産先取特権・不動産先取特権の3種類に分かれます。共益の費用を中心に先取特権の仕組みを解説している記事です。

公務員試験の数的処理の勉強法!優先順位を付けるのが大事

公務員試験の数的処理の勉強法において、特に重視すべきポイントは優先順位を付けることです。個人的には判断推理を中心に勉強するのをおすすめします。公務員試験の受験生に向けて、数的処理の全ジャンルの勉強法を解説している記事です。

契約の成立はいつ認められる?民法上の成立要件を解説

契約が成立するタイミングは、原則として相手方の承諾があったときです。一方で条件次第で、いつ契約が成立するかが異なる場合もあります。契約の成立要件について簡潔にまとめている記事です。

典型契約の種類一覧!典型契約は全部で13種類

典型契約とは、民法に定められている契約のことで、大きく分けて13種類あります。しかし公務員試験では、その範囲もさらに絞られます。公務員試験用と一般知識用に分けたうえで、典型契約の種類を一覧形式でまとめている記事です。

相殺とは?自働債権と受働債権の定義と不法行為の場合の取り扱い

相殺とは、双方の当事者が対等の債務を抱えていたときに意思表示で債務を消滅させる行為です。相殺の内容を押さえるには、自働債権と受働債権の関係性を把握しなければなりません。公務員試験対策用に相殺の内容を解説している記事です。

留置権の具体例について|民法の規定と不動産における取り扱い

留置権とは、他人の所有物を弁済されるまで手元に置く権利のことです。具体例も踏まえて定義を押さえると理解しやすくなります。公務員試験対策として、留置権の重要なルールをまとめている記事です。

弁済の提供とは?現実の提供と口頭の提供の違いを解説

弁済の提供には、大きく分けて現実の提供と口頭の提供があります。原則は現実の提供が必要ですが、例外的に口頭の提供も可能です。公務員試験対策として、弁済の提供のルールに加えて供託の仕組みも解説している記事です。

弁済とは?第三者の関係と場所や時間に関するルールを解説

弁済とは、債務者に対する給付を実現させる準法律行為です。原則として第三者の弁済もでき、場所や時間に関しては民法で基準が定められています。公務員試験に問われやすいポイントを中心に解説している記事です。

クールノー均衡とシュタッケルベルク均衡の計算とは

クールノー均衡とシュタッケルベルク均衡は、いずれも複占状態の企業の生産量と価格を求める計算方法です。MC=MRを意識しつつ、両者の求め方を押さえてください。

担保物権を4つ紹介!付従性・随伴性・不可分性の原則

担保物権は他人の所有物を自分の債権の担保に設定する権利で、大きく分けて4つの種類を押さえる必要があります。公務員試験用に、付従性・随伴性・不可分性などの性質も併せて解説している記事です。

地役権とは?承役地と要役地の違いをマスターしよう

地役権とは、自分の土地のために他人の土地を利用する権利のことです。このときの自分の土地を要役地、他人の土地を承役地と呼びます。公務員試験対策用として、囲繞地通行権の内容も併せて解説している記事です。

永小作権と地上権の違い|存続期間のルールを簡単に説明

永小作権と地上権の違いには、利用目的や小作料の有無、存続期間の設定が挙げられます。特に存続期間は、法律上で定められているか否かの部分で大きな違いがあります。公務員試験向けに、地上権と比べながら永小作権の内容を解説している記事です。

債権譲渡とは?対抗要件や第三者との関係性を解説

債権譲渡とは、特定の債権を第三者に譲り渡す行為です。有効に譲渡するには、債務者と第三者に対して対抗要件を備える必要があります。公務員試験向けに、債権譲渡の仕組みをイラスト付きで解説している記事です。

個人根保証契約とは?元本確定事由と極度額について解説

個人根保証契約とは、一定の範囲の不特定債務に関する保証債務を指します。元本確定事由が期限の目安となり、極度額によって効力を発揮します。行政書士試験を受験する人に向けて、個人根保証契約の仕組みを解説している記事です。

保証債務の求償権|委託を受けたときと受けないときの違い

保証債務の求償権とは、弁済した分を主債務者に返してもらう保証人の特権です。しかし委託を受けたか否か、通知したか否かで対応が変わります。行政書士試験用に保証債務の求償権の仕組みを解説している記事です。

保証人と連帯保証人の違い!知らないと多額の借金を背負うことも

保証人と連帯保証人の違いは、催告の抗弁権と検索の抗弁権の有無です。保証債務を理解しないと、将来に多額の借金を背負うリスクも生じます。公務員試験対策および皆さんの私生活のアドバイスをすべく、保証人と連帯保証人の制度を説明している記事です。

資本ストック調整原理とは?伸縮的加速子や新古典派の理論を解説

資本ストック調整原理とは、現実的には最適な資本ストックは実現されないと考える理論です。伸縮的加速子を用いるのが特徴で、新古典派の理論のベースともなっています。公務員試験に向けて、資本ストック調整原理の例題も紹介している記事です。