ヤマトノ教室

公務員試験・資格試験、受験、金融教育をサポート 

2024-02-01から1ヶ月間の記事一覧

バブル経済とは?プラザ合意と崩壊を招いた原因について解説

この記事では、バブル経済の定義や生まれた背景について解説しています。特に日本のバブル経済では、主にどのような社会現象が起きたかをまとめています。そのほか、プラザ合意やバブル崩壊の背景にも触れている記事です。

選挙の投票は有効と無効をどう決める?正しい書き方について

選挙の投票には、有効になるものと無効になるものがあります。余程のことがなければ有効になりますが、書き方を間違えると無効になります。選挙の投票方法や注意点についてまとめている記事です。

ライドシェアとは?タクシーとの違いについて解説

この記事ではライドシェアの制度をタクシーの違いも踏まえて解説しています。ライドシェアにはさまざまなメリットがあり、地方経済を活性化させる上でも注目すべき取り組みのひとつです。ただし社会秩序を中心に懸念すべきポイントもあります。

国会の種類4つを解説!定足数や秘密会のルールも押さえよう

この記事では、国会の種類4つの内容について違いがわかるようにまとめています。さらに定足数や秘密会といった細かいルールも紹介しています。公務員試験や行政書士を受験される方におすすめの記事です。

ステルス値上げは違法になる?うざいと思われてもしたがる理由

この記事では、ステルス値上げが違法になるかを解説しています。他にも企業がステルス値上げをしたがる理由についてもまとめています。身近な経済の現象を知りたい方におすすめの記事です。

法定地上権の成立要件|抵当権の設定との関係性を解説

法定地上権の成立要件には、大きく分けて4つのパターンがあります。公務員試験においては抵当権の設定を中心に、判例も多く問われる分野です。この記事では、法定地上権に関する基本的な判例を取り上げています。

公訴時効の停止における勘違い!逮捕と起訴は違うよ!

この記事では、公訴時効の停止の仕組みを解説しています。特に逮捕したら時効が成立したと勘違いする人が少なくありません。もし事件の被害者となった場合、どのような点に注意すればいいかを最後にまとめています。

物上代位権をわかりやすく解説!差押えや債権譲渡の関係

物上代位権は、民法の物権を学ぶうえで非常に重要な分野です。差押えや破産との関係性を押さえ、判例問題に対応する必要があります。公務員試験受験者に向けて、物上代位権の内容をわかりやすく解説している記事です。

抵当権と物上代位権の関係性|効力が及ぶ範囲についても解説

抵当権とは、目的物を債務者に占有させつつ債権者が優先的に弁済を受けられる権利を指します。この抵当権の内容で、押さえなければならない制度のひとつが物上代位権です。公務員試験の解説用として、抵当権と物上代位権の関係を説明しています。

公務員試験における民法のおすすめ勉強法!合格を勝ち取ろう

公務員試験の民法は、「編」や「章」ごとにまとめる勉強法がおすすめです。ただしこれらの内容は、全て関連し合う点に注意しないといけません。民法の勉強法と、おすすめのテキストも併せて紹介している記事です。

質権と抵当権の違いとは?不動産はどちらが使用・収益できるのか

質権は、質権設定者の占有物を質権者側が占有します。一方で抵当権は、目的物を設定者側が設定する権利のことです。質権と抵当権の違いについて、不動産質を例に解説しています。

ライフサイクル仮説と恒常所得仮説の違い!計算方法も解説

ライフサイクル仮説は、モディリアーニが唱えた理論です。恒常所得仮説は、フリードマンによって唱えられました。両者の違いは、消費がどの所得に依存するかです。この記事では、計算方法についても解説します。

同時履行の抗弁権とは?条文や要件についてわかりやすく説明

同時履行の抗弁権とは、相手が債務を履行するまで自らも弁済しなくていいとする権利です。民法第533条の条文にも明記されており、具体的な要件も定められています。判例の内容を中心に同時履行の抗弁権を解説している記事です。