やまとの塾長の教室

【学ぶ・感じる・考える】

公務員試験の服装は私服でOK?試験によって変わる!?

どーも、やまとのです!

 

前回までは公務員試験の憲法を勉強しました。

 

次からは『民法』について書いていきますが、今回は一度リフレッシュタイムということで公務員試験と服装のお話をします。

 

公務員試験を受験される方はぜひ読んでいただき、各自準備してくださいね!

 

 

1.公務員試験の服装は?

f:id:yamatono11:20210828182021j:image

公務員試験は文字通り公務員になるための試験になるわけですが、実は1日で終了するものではありません。

 

最初は筆記試験を受験し、そこからグループディスカッションや面接試験に駒を進めていきます。

 

では、それぞれの試験ではどういった服装が望ましいのでしょうか?

f:id:yamatono11:20210822095324p:plain


公務員試験はスーツじゃなきゃダメなの?

 

f:id:yamatono11:20201026173538j:plain


ケースバイケースというところかな?服装の注意点を下にまとめていくよ!

 

 

・筆記試験は私服OK

f:id:yamatono11:20210828182051j:image

まず、はじめに筆記試験が行われますが、一次試験は私服で全く問題ないです。

 

たまにスーツで参加される方もいますが、筆記試験は受験票と顔が一致していれば服装によって差は出ません。

 

僕は国立大学法人か地方中級試験のどちらかでは気合い入れるためにスーツで臨みました。

 

合格できたものの会場ではやや暑かったですね(^◇^;)

 

特に真夏日だと気温の関係もあるので、なるべく涼しい格好で受験した方がいいかもしれません。

 

後は単純に私服の方が疲れないです(笑)

 

ただ、私服でも明らかに場にそぐわないような格好だけはやめましょうね!

 

海パン一丁の小島よしおスタイルとかだと追い出されるかもしれません( ̄▽ ̄)

 

 

・二次試験以降はスーツ着用

f:id:yamatono11:20210828182147j:image

二次試験以降からは

  • グループディスカッション
  • 面接

といったコミュニケーション試験が行われます。

 

その時は基本的にスーツ着用です。

 

国立大学法人だとグループディスカッションと面接でさらに日程が異なりましたが、一部の大学ではグループディスカッションのみ私服OKという場所も確かありました。(少し記憶曖昧ですが)

 

とはいえ、私服で臨むチャレンジャーはやはり誰もいなかったですね。

 

二次試験からはスーツの着用に関してもチェックの目が入ります。

 

実際に人事の上司から聞いたスーツ着用における注意点を紹介してみます。

 

 

2.スーツ着用時の注意点

仲の良い上司が人事課に所属していたことがあり、市役所で働いていた頃に公務員試験の合否について聞いたことがありました。

 

その時に聞き出したチェックポイントを並べてみます。

 

 

・靴下の色は黒

f:id:yamatono11:20210828182237j:image

意外と守らない人がいるようですが、基本的にスーツ時の靴下はといったスーツに合った色が望ましいです。

 

は基本的にはアウトで、減点対象になると話していました。

 

公務員試験に限らず、就活の時は明るい靴下を履くのは止めましょう。

 

バレないだろうと思うかもしれませんが、椅子に座ると靴下はハッキリと見えます。

 

後、靴下がずり落ちていないかどうかもきちんと確認しておきたい部分ですね。

 

スーツにこだわって靴下でダメにする方も少なくないので、はじめに注意喚起をしました。

 

 

・ネクタイはトイレで確認する

f:id:yamatono11:20210828182326j:image

次に注意したいポイントはネクタイですね。(男性の注意点)

 

ネクタイが曲がっていたら人事に悪い印象を与えてしまいます。

 

会場に入った直後やグループディスカッション及び面接に臨む前は、必ずトイレに行ってネクタイが曲がっていないかどうかを確認してください。

 

ネクタイの色も場に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

昭和の漫才師のように金ピカなネクタイは付けたらアウトです( ̄▽ ̄)

 

 

・パンプスとストッキングの色も注意

f:id:yamatono11:20210828182453j:image

女性の場合はパンプスやストッキングを履くことがあるでしょう。

 

その際には、ダークな色を履くように注意が必要です。

 

また、ストッキングに関しては色だけではなく糸のほつれがないかどうかも気をつけなければなりません。

 

私が女性の服装にあれこれ口出しするとセクハラっぽく聞こえますが、筆記試験を乗り越えて面接で落ちるのは勿体無いですからね。

 

つまらないところで減点になるのを避ければ合格は少しずつ近づいていきます!

 

 

3.僕が服装でミスったこと

f:id:yamatono11:20210828182622j:image

こんな偉そうに言っている私ですが、地方中級試験の面接では思いっきりミスったことがありました。

 

それは、スーツのポケットを

  • 右はアウト
  • 左はイン

というチンチクリンな格好で臨んだことです。

 

面接終わった後に気付いて絶句しました。

 

膝から崩れ落ちる感覚が身に染みて分かりましたね(^◇^;)

 

ただ、結果的には減点にならなかったのか、とりあえず合格はしていました。

 

地方中級試験では他にもやらかしポイントがあり、ドキドキが止まらなかったのを今でも覚えています。

 

皆さんもこのような体験をしないよう、本番前にはトイレで確認するのを忘れないでください。

 

 

4.まとめ

というわけで、今回は公務員試験と服装をテーマにお話ししました。

 

まず、筆記試験は私服で問題ありません。

 

寧ろ季節によっては私服の方がパフォーマンスを発揮できます。

 

一方で、コミュニケーション試験が絡む二次試験以降はスーツ着用が基本です。

 

その時には、必ずおかしいところがないかリストを作るなどして本番に備えましょう。

 

◆服装まとめ◆
・一次試験は『私服』OK!

・二次試験以降は基本スーツ

・スーツ時は靴下等の色に注意!(黒を最優先)

・ネクタイの曲がり具合やストッキングの糸のほつれ等にも注意!

 

あと、言い忘れましたがこのご時世はマスクも服装の1つです。

 

公務員試験は全体的に減点方式が課せられます。

 

つまらないミスで合格を遠ざけるようなマネはしないよう留意してください。

 

次回はマスクと試験についての注意点を書いてみます。

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク