やまとの塾長の教室

【学ぶ・感じる・考える】

試験でマスク付けるのは苦しい?自主勉強で対策を

どーも、やまとのです!

 

前回は公務員試験の服装について書いてみました。

 

こちらの記事をご参照ください。

www.yamatono.info

 

今回は前回でも少し触れましたが、

マスクについて書いてみます。

 

 

1.試験本番のマスクは苦しい

f:id:yamatono11:20210829174513j:image

公務員試験でもそうですが、このご時世で試験本番はもちろんマスクを付けなければなりません。

 

ただ、マスク装着しながら問題を解くのは思っている以上にめちゃくちゃ苦しいです。

 

今年は終わりましたが、特に国立大学法人の試験やこれから行われる地方中級試験ではまだまだ暑いので非常に大変でしょう。

 

あらかじめ予想以上に試験本番のマスクは苦しいものだということを知っておくのは大切です。

 

その対策を今日は紹介したいなと思います。

 

 

2.勉強時はマスクを付ける

f:id:yamatono11:20210829174302j:image

まず、家で勉強する際にはマスクを付けるようにしましょう。

 

カフェや図書館で勉強する方は必然的にマスクを付けるかもしれませんが、自宅勉強ではその練習を疎かにしがちです。

 

特に暑い日だと外に出るのも億劫になり、家で引きこもる方も多いかもしれません。

 

だからこそ、マスク付けながらの勉強は欠かせないのです。

 

試験本番で成果を出すためには、試験時の状況を想定することがカギとなります。

 

マスクが無駄になってしまうかもと思うかもしれませんが、家だけで付ける分には1枚のマスクを何度付けてもいいはずです。

 

少し出かけた時にそのまま使用して、外から帰ったらマスクを捨てるようにしましょう。

 

そうすれば、節約しながらマスク勉強を試せます。

 

 

3.水分補給を忘れない

f:id:yamatono11:20210829175325p:image

これは試験本番時での注意点ですが、必ず会場には飲み物(麦茶が特にオススメ)を持っていってください。

 

水分は脳を活性化させるための必要不可欠なエネルギーです。

 

水分が不足すると頭がボーッとして試験に集中できなくなります。

 

おまけにマスクをしていると呼吸が妨げられて眠気を催します。

 

休憩時間に水分を補給し、併せて空気の入れ替えをするのがマスク付けながらの試験を乗り越えるコツです。

 

もしかしたら気温によっては試験中でも水分補給が行えるかもしれません。

 

頭がボーッとして集中できないなと感じたら、一度水分補給して同時にきちんと深呼吸しましょう。

 

あまりにも長時間マスクを外すと退場処分も喰らうので、その辺りはルールを厳重に守ってくださいね!

 

 

4.マスク着用義務は続くはず

これからも試験時のマスク着用義務は続くことが予想されます。

 

今後、公務員試験を受験される方は苦しい状態で戦わなければなりません。

 

条件は皆さん同じではありますが、戦い方を知らないと関係ない部分で差がついてしまいます。

 

せっかく勉強しているのにそれだけは避けたいですよね?

 

だから、本番と同じ状況で日々の試験勉強を積み重ねるというクセは忘れないでください。

 

苦しい状態で受験するというのはハナから分かっているので、早めに対策して乗り越えていきましょう!

 

 

5.まとめ

今回は試験時のマスクが苦しいという状態を克服するための対策案を書きました!

 

僕からは

  • 勉強時にマスクをする
  • 本番時は水分補給をする

という2つの行動を提示したいと思います。

 

勉強してきて身に付けた実力を遺憾なく発揮できるよう取り組んでいきましょう。

 

今後もマスク着用義務は続くと思いますし、その分苦しい状況も続きます。

 

それを嘆いていても世間は変わらないので、自ら乗り越えていく気持ちで頑張ってください!

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク