やまとの塾長の教室

【学ぶ・感じる・考える】

民法の失踪はパターンを押さえよう!公務員試験の攻略

どーも、やまとのです!

 

今回は、公務員試験の民法でも得点源といえる

失踪について解説していきます。

 

頻出度はそこそこくらいですが、この範囲はパターンが決まっているので確実に押さえましょう。

 

 

1.失踪は2種類を押さえる

『失踪』をラビーくんはどう説明しますか?

f:id:yamatono11:20210822095324p:plain


とある人が行方不明になること?

 

そう、今ラビーくんが言ってくれたように

誰かが行方不明になることを失踪といいます。

 

失踪には大きく分けて

  • 普通失踪
  • 特別失踪

の2種類に分けられます。

 

公務員試験の民法では、この2つを正確に区別するだけでも1問を押さえられるので、ラッキー問題だと捉えてくださいね!

 

 

・普通失踪

f:id:yamatono11:20210906014550j:image

普通失踪とは、

「不在者の生死が7年間明らかじゃない」状態を指します。

 

7年間というと結構な長さですが、この期間が満了したら行方不明者は死亡したとみなされます。

 

そうなると民法上も死亡扱いになるので遺産の相続が可能です。

 

 

・特別失踪

普通失踪は普段通りの生活だったはずが突然と姿を消して長期間見つからない状態を指します。

 

もう1つの失踪を指す特別失踪は、

  • 船が難破した
  • 自然災害が発生した

などのように明らかな危難に見舞われた方の生死が分からない状態のことです。

 

f:id:yamatono11:20210906014732j:image

 

要件として、

危難が去った後1年間行方不明だった者

が特別失踪に該当します。

 

しかし、次が超注意点です!!

 

特別失踪がいつ死亡したかについては

危難が去った時だと推定されています。

 

特別失踪と認定される要件は

「危難が去った後1年間の行方不明」

 

その方が死亡した時期は

「危難が去った時」

と両者の時期が異なるので、引っかけ問題として出されやすいです!

 

「特別失踪の宣告を受けた者は危難が去った後1年間過ぎたら死亡したとみなされる」みたいな間違い選択肢が。(この文は間違いですよ!)

 

不謹慎な言い方ですが、自然災害の被害に遭われて行方知らずの方が、そこから1年間も生きるのはどう考えても難しいですからね。

 

冷静に考えれば分かるのですが、試験となるとどうしてもテンパっちゃうので「引っかけ問題として出されやすいからちゃんと覚えよう」くらいに押さえてください!

 

 

2.失踪の取消は家庭裁判所

とはいえ、失踪の宣告を受けていた方が無事に生きていたというケースも考えられますよね。

 

相続の手続きとかが完了した後に、生きていることが判明したら失踪者の財産はどうなるのでしょうか?

 

まず、失踪を取り消す際には

家庭裁判所へ請求する必要があります。

 

f:id:yamatono11:20210906014845j:image

 

家庭裁判所へ請求したら、失踪の宣告の取り消しが行われます。

 

人が生き返るなんてことは当然想定されていないので、取り消された行為は初めから遡って無かったことになります。

 

例えば、ある方が失踪したのを理由にその方の所有物を売った場合、失踪の宣告が取り消されたら売買行為も無くなるのです。

 

ただし、何も知らなかった人がいきなり全ての行為を取り消されるのも納得が行かないですよね?

 

そこで民法は善意の第三者には取り消しの効力が及ばない旨記載されています。

 

善意は「事情を知らない」状態を指すのであり、良い人を指した言葉じゃないので注意しましょう!

 

もし、財産を貰っていたら当然ながらそれは返還します。

 

しかし、ここで返す財産は現に利益を受けている限度においてのみです。

 

※「現に利益を受けている限度」とは?

これは簡単に言えば

利益が手元に残っている状態を指します。

 

財産を確保していたら、もちろん利益は残っています。

 

では、お金を払って食品を購入したら利益は残っていると判断されるのでしょうか?

 

正解はです。

 

お金は無くなっていますが、それが食品という別の利益に代替されています。

 

つまり、利益自体は無くなっていないので(食べれば無くなりますがそれはカウントしません笑)、「現に利益を受けている限度」になるのです。

 

「現に利益を受けている限度」にあたらないのは浪費になります。

 

お金をギャンブルで溶かしたら何も利益は無くなりますよね?

 

浪費したお金に関しては利益がないので、返還する義務はありません。

 

納得行かない気もしますが、制度上そうなっているので仕方ないです。(まあ、いろいろと複雑な理由があるのですが、公務員試験では細かく押さえる必要はありません。)

 

 

3.まとめ

今回は民法の失踪について勉強していきました。

 

失踪はそこまで覚える内容がないので、淡々と済ませて得点源にしておきましょう!

 

次回の内容は公務員試験の中でもめちゃくちゃ重要です。

 

重点的に勉強していきましょうね!

 

 

スポンサーリンク