ヤマトノ教室

公務員試験・資格試験、受験、金融教育をサポート 

マクロ経済学を勉強する。産業連関表とは?

今回もマクロ経済学について記事を書いてみようと思います。

本日の内容は産業連関表です。

産業連関表は、一体どのようなものなのかをここで確実に押さえるようにしましょう。公務員試験を受験される方は、マクロ経済学の勉強で使うのでぜひ参考にしてください。

◆今回のポイント◆
・産業連関表の見方を押さえる
・投入係数表の見方を押さえる

 

 

産業連関表とは?

産業連関表とは、ある産業の生産と販売の様子をマトリックスにした指標です。何を表しているか分かりづらいと思うので、もう少し噛み砕いて説明しましょう。

産業は基本的に何か商品を生産する一方で、それを販売してお金を稼ぐ方法を指します。

この活動の一環を行列』にまとめたものが産業連関表です。Excelを使う方なら『行列』という言葉にピンとくるでしょう。

Excelでいうは『横のセル』は『縦のセル』を指します。

今回、産業連関表のサンプルを作ってみました。

f:id:yamatono11:20210608181658p:image

産業連関表の『行』は基本産出構造を表します。反対に『列』は投入構造を表すものです。

この指標を上手く使うことで最終的には国内総生産(GDP)が求められます。

 

産業連関表の使い方

では、産業連関表を使って具体的な数値等を求めていきましょう。

 

f:id:yamatono11:20210608185721p:image

 

図を見てもらうと分かりますが、列(縦)で数値を確認します。

産業Aが上から
40、25、(ア)、80、190

産業Bが上から
45、(イ)、30、60、(ウ)

産業Cが上から
35、50、20、(エ)、(オ)です。

最終需要は上から70、60、55です。

この状況から空白部分に入る数値を求めていきましょう。

はじめに絶対押さえてほしいのが、総投入額と総産出額の数値は絶対に等しくなることです。

だから、まずは総投入額または総産出額の片方だけが空白になっている場合自動的に数値を入れてしまいましょう。

まず、(ウ)は200になります。

総投入額(総産出額)の求め方『産業A+産業B+産業C+最終需要』です。

つまり、それぞれの産業の数値を求めるためには総投入額(総産出額)からそれぞれの数値を引き算していけば空白部分が求められます。

(ア)は
(ア)=190−(40+25+80)
(ア)=45となります。

すでに(ウ)が求められているので(イ)も答えを出せますね。

(イ)=200−(45+30+60)
(イ)=65です。

とりあえずは先に(カ)を見てみましょう。

(ア)の数値が出ているので(カ)はすぐに答えが出てきます。

(カ)=45+30+20+55
(カ)=150ですね。

するとそのまま(オ)も数値が出ます。
(オ)=150となりますね。

そうすれば(エ)が
(エ)=150−(35+50+20)
(エ)=45と求められました!

【答え】
(ア)=45
(イ)=65
(ウ)=200
(エ)=45
(オ)=150
(カ)=150

ちなみに、付加価値と最終需要の合計はGDPの三面等価の原則より同じ数値となります。 

最終需要の総額は
『70+60+55=185』

付加価値に当てはまると
『(エ)=185−(80+60)』
『(エ)=45』
と求める方法でもOKです!

 

 

練習問題

続いては先程の例を生かして練習問題を解いていきましょう。

産業連関表はこちらです。

f:id:yamatono11:20210608193414p:image

 

最初に言っておきますが、これから出題する問題は前半部分なら例題の応用で解けますが、後半部分が難しいかもしれません。

問題
「この産業連関表の空白部分GDPを求めよ。(ただし、間接税と補助金は考慮しない)」

さあ、行稼ぎのシンキングタイムといきましょうか!

ルーズリーフやチラシの裏でもいいので計算しながら解いてみてください。

果たしてGDPはどう求めればいいんでしょうかね?

というわけで終了です。答え合わせに移ります。

まず空白部分は
『総投入額と総産出額を合わせる』
『総投入額(総産出額)から数値をどんどん引いていく』

これが基本形です。

この問題も計算していけば簡単に求められるよう設定しました!

『(ア)=160−(30+25+30+20+40)』
『(ア)=15』

『(イ)=180−(25+15+60)』
『(イ)=80』

『(ウ)=180−(25+80+20+30+10)』
『(ウ)=15』

『(エ)=160−(30+25+70)』
『(エ)=35』

『(オ)=120−(35+15+30+20+10)』
『(オ)=10』です。

続いて『GDP』の求め方を書きましょう。

数値だらけなので何を使えばいいか迷ったかもしれません。

しかし、GDPの計算式で見慣れた言葉が出てきていますよね?

『雇用者報酬、営業余剰、固定資本減耗』です。

これらは分配面の視点からGDPを求めるときに利用しましたね。

GDPの計算で使う数値は上に挙げたものだけです。

残りの数値は無視してください。

すると
『30+20+40=90』
『15+30+10=55』
『20+10+10=40』
の3つの式ができ、これを全て合計させた185が答えとなります。

【答え】
(ア)=15
(イ)=80
(ウ)=15
(エ)=30
(オ)=10
GDP=185

 

投入係数

最後に投入係数も説明しましょう。

まずは、この表を見てください。(見づらいのは申し訳ないです。)

f:id:yamatono11:20210608201341p:image

0.4、0.1、0.3、0.2と小数がありますね。

これらが投入係数であり、この数値を使った表は投入係数表と言われます。

1つの生産に対してどの程度の原材料を使ったか指し示すものです。

例えば、パン1個作るのにどの程度の小麦や機械の燃料を使ったのかを表した数値ですね。

f:id:yamatono11:20210609144052j:image

各々の投入額÷総産出額で投入係数は求められます。

この式を入れ替えれば
『投入額=総産出額✖️投入係数』となります。

つまり、『ア、イ、ウ、エ』はそれぞれ
『ア=200✖️0.4』
『イ=200✖️0.1』
『ウ=100✖️0.3』
『エ=100✖️0.2』
となり

『ア=80』
『イ=20』
『ウ=30』
『エ=20』
が答えです。

 

まとめ

今日もグジャグジャといろんなことを書いてしまいました。ですので最後にしっかりとまとめたいと思います。

産業連関表の問題が出てきたら

  • 総投入額と総産出額の数値は同じ
  • 付加価値と最終需要の計が等しくなる
  • 全ての産業の数値+付加価値(最終需要)=総投入額(総産出額)

この3点は確実に押さえるようにしましょう。

投入係数が出てきたら

  • 『各々の投入額➗総産出額=投入係数』
  • 『総産出額✖️投入係数=各々の投入額』

この式を押さえてくださいね!落ち着いて効率よく計算していきましょう!