やまとの塾長の教室

【学ぶ・感じる・考える】

生存権。憲法25条のさまざまな考え方と判例

どーも、やまとのです!

 

今回から公務員試験の憲法の内容に入ります。

これまでは行政法の科目を勉強してきました。

 

本日は憲法の中でも比較的有名な

生存権を見ていきましょう。

 

 

1.生存権の基礎

まず、生存権の基本的な内容を勉強します。

 

これは憲法25条に規定されている内容ですね。

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」

 

我々が日本国民は、どんなに貧窮しても最低限度の生活ができるような保障が日本ではなされています。

 

生活保護然り、公的年金然り。

 

この規定は基本的に日本国民を対象にしたものなので、直接外国人の権利を保障したものではありません。

 

以前紹介した

塩見訴訟が有名ですね。(後述しています。)

 

生存権は国民の生活基盤ともいえる重要な規定ですが、内容は法曹界でもあらゆる意見が交わされています。

 

 

2.生存権の考え方

生存権には、3つの考え方があります。

 

それぞれを紹介していきますので、整理して押さえてください。

 

 

・具体的権利説

この考え方は、生存権の規定は立法府を拘束するという説です。

 

つまり、具体的権利説によれば法律を作る立法府が生存権にかかる規定を作らない場合、国民は違憲訴訟を起こすことができます。

 

ただし、あくまで立法府は法律を整備するよう拘束されるだけなので、国民は直接国に対して具体的な生活を扶助させるような請求はできません。

 

 

・抽象的権利説

この考え方は、憲法25条に法規範を認めつつも、内容は抽象的なものだとする説です。

 

抽象的な規範であるため、法律として具体化されない限りは違憲訴訟を起こすことはできないとされています。

 

一応、抽象的ではありながらも国には国民への要求に応えるよう法的義務が課されているのが特徴です。

 

・プログラム規定説

この名前は中学校の公民でも習った方は多いと思います。

 

上記2つの説は生存権に対して国へ法的義務を与えているのが特徴でした。

 

しかし、このプログラム規定説によれば、国民への要求に応えるのはあくまで努力義務であるとされています。

 

ただし、憲法25条には権利を有すると書いているのに努力義務だと考えるのは相応しくないという批判もあります。

 

 

3.生存権における有名な判例

最後に生存権の内容で出てくる判例を紹介しましょう。

 

この辺りの内容はざっくりと勉強しておいてください。

 

そこまで細かく書きません。

あくまで公務員試験の範囲で覚えればいいです。

 

 

・朝日訴訟

f:id:yamatono11:20210727194358j:image

めちゃくちゃ有名な判例ですね。

 

これは生活保護受給者であった原告が実の兄からお金を支給されるようになったため、行政は生活扶助を打ち切って医療費のみの支給に切り替えました。

 

このやり方が違法ではということで訴訟を起こします。

 

結果は、

「健康で文化的な最低限度の生活」厚生大臣の裁量に委ねられるとして、

あまりにも著しい裁量権の逸脱が無ければ違法にはならないと判旨しました。

 

 

・学生無年金訴訟事件

f:id:yamatono11:20210727194606j:image

こちらは障害基礎年金の受給要件にかかる制度が訴訟に発展した事件です。

 

原告は20歳以上に傷害を負って障害保険に加入したものの、学生だったため国民年金に任意加入していませんでした。

 

そうなると障害年金が支給されなくなり、結果的には親の保険に強制加入されている20歳前の障がい者と年金の支給額に差異が現れてしまいますが。。。

 

最高裁は、年金の受給で20歳以上の学生と20歳前の障がい者で差異が生じることは合理性を欠かないとして原告側が敗訴しました。

 

ちなみに最高裁の違法性の判断基準については、朝日訴訟と同じです。

 

 

・食糧管理法違反事件

f:id:yamatono11:20210727195539j:image

この事件は「やみ米」にかかるものです。

 

昔の日本は食糧管理法といって米などの取引を法律で整備していました。(1995年11月に当該法律は廃止されています。)

 

この法律に違反して取引されたお米を

「やみ米」といいます。

 

食糧管理法を違反した者が、当該法律は生存権の趣旨を反していると主張して訴訟に発展しました。

 

ただ、最高裁は国家の責務として生存権が存在しているものの、国民1人1人に対して具体的な義務を持つものではないと判断します。

 

従って国はやみ米の運搬を生活の権利だと認める義務もなく、食糧管理法は違憲にあたらないと結論を下しました。

 

 

・堀木訴訟と塩見訴訟

この2つは以前も書いていましたのでそちらの記事を確認してください。

 

【堀木訴訟】『目次参照』

www.yamatono.info

 

 

【塩見訴訟】『4.~』を参照

www.yamatono.info

 

どちらも違憲とは判断されていないので、結論部分だけでも確実に覚えましょう。

 

 

4.まとめ

今回は公務員試験対策ということで憲法に戻って勉強していきました。

 

前も言ったかもしれませんが、公務員試験の憲法において

判例は非常に重要です。

 

結論部分は絶対に覚え、判例問題では全問正解を目指しましょう。

 

生存権の内容をまとめれば、この規定は立法府を拘束するものではないとする判例が全部といっても過言ではありません。

 

ただし、著しい裁量権の濫用があったら違法だとみなされることもあります。

 

今回紹介した判例は違憲とされたものはゼロです。

 

慣れればどのケースが違法とされるかが何となく分かりますが、公務員試験ではそこまでの余裕はないと思うので最初に勉強する際は

「違憲である」「違憲ではない」

などとカテゴリーごとにまとめるのが良いと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク