「やまとの」教室

【学ぶ・感じる・考える】

『一輪返り咲き』ドッジボール全国大会和歌山県予選

どーも、青二才ヤマトノです!

 

本日もドッジボールの都道府県予選について記事を書いてみます!

 

今回は和歌山県予選です。

 

一体、どのチームが全国大会への切符を掴んだのでしょうか?

 

 

【1.和歌山県予選結果】

f:id:yamatono11:20210204093310p:image

和歌山県予選を制したのは、

あや小サンフラワーズZでした!

 

おめでとうございます!

 

予選リーグを無敗で堂々の1位突破を果たし、見事に全勝の完全優勝を果たしました。

 

あや小サンフラワーズZが全国大会に出場したのは2017年の夏と春です。

 

第一の壁である予選リーグは、夏春ともに2位通過で打ち砕きました。

 

しかし、決勝トーナメントでは、どちらも1回戦が鬼門となりました。

 

夏の全国大会では、引き分けで5分間を終えるも、延長戦にて惜しくも敗れてしまいます。

 

リベンジをかけた春の全国大会では、3人差という僅差で敗退を喫しました。

 

それ以来、2年間は全国大会出場が叶いませんでしたが、2021年の春にようやく返り咲きを果たします。

 

3回連続予選突破並びに、トーナメントの山登りへのリベンジに燃えているでしょう!

 

全国大会での戦いぶりが楽しみです。

 

 

【2.チーム史】

f:id:yamatono11:20210204094021j:image

チームの歴史について、感じ方は人それぞれかもしれません。

 

ただ、名前が続く限り、チームはバトンをどんどん繋いでいきます。

 

前代でベストな成績を残していたら、その次の代はかなりのプレッシャーがかかるでしょう。

 

優勝トロフィーを返還すると、その厚みをより実感することと思います。

 

実際に、杉小キャイーンブラザーズでプレーしていた頃も、連覇記録がかかった大会がいくつかありました。

 

秋田スーパーリーグでは3連覇を逃したものの、福島県の緑ヶ丘交流大会で3連覇を達成し、2個下の代まで驚異の5連覇を果たしました。

 

また、杉小キャイーンブラザーズ全国制覇までの13年間にも渡るストーリーは、当事者からすればかなり感慨深いものだったと思います。

 

特に監督やコーチ陣は喜びが相当大きかったことでしょう。

 

どのチームにおいても、歴史はとても美しいものになるはず。

 

切磋琢磨していけばいくほど、チーム史はどんどん輝き続けます。

 

 

【3.Web合戦】

f:id:yamatono11:20210204094043j:image

このシリーズでは、こういったチームの歴史をクローズアップしています。

 

もちろん、外から見ている僕では、チーム史の1%も知り得ないです。

 

ただ、記録としては今も明確に残っているものがたくさんあります。

 

それをどんどん表に出せば、もしかしたらチームにファンがつくかもしれません。

 

特に地元の方であれば、ドッジボールに携わっていなくとも、応援してくれる可能性もあります。

 

チーム1つ1つに勢いが出るとき、ドッジボールという競技そのものが盛り上がります。

 

僕が現役選手だった頃、世間はブログの誕生から発信合戦が各地で行われました。

 

名の通った管理人やブロガーが次々と現れ、選手たちに感化されながらWeb上で熱い戦いが繰り広げられたのです。

 

無論、主役は子どもたちですが、大人のバックアップも本当に熱かったと思います。

 

今もこの熱さが残っているチームはたくさんあります。

 

特に今では、SNS合戦が主流ですね。

 

今回の結果も、あや小サンフラワーズZのFacebookを参考にしています。

 

こういう投稿が続く限り、チームはぐんぐん力を付けていくことでしょう。

 

本当に凄いことであり、見ていてとても嬉しく感じます。