やまとの塾長の教室

これからの時代を生きるための教育と勉強

【教育】不登校について。根本の解決法を考える

どーも、やまとのです。

 

今回は現代の社会において未だ問題となっている不登校について考えていきます。

 

不登校ユーチューバーでお馴染みのゆたぼんくんは中学校に入学しても学校には行かない宣言をしています。

 

いろいろな形で不登校になるケースがあるかと思いますが、1人の子どもの未来がかかっているので我々大人は真面目に考えなければなりません。

 

 

【1.いじめ問題について】

f:id:yamatono11:20210426155718j:image

不登校の理由として1番多いのが

友達と上手くいかないです。

 

これは通信高校ナビが2019年8月に出した結果のようですね。

 

それを細分化していくと決して高い割合ではないですが、『いじめ』も原因の1つとして数えられています。

 

いじめ問題は子ども特有のトラブルとも言い難く、大人の世界にも少なからず存在しています。

 

もちろん、教師間でもいじめは問題視されているのは皆さんもご存知の通り。

 

近年だとカレーライスを同僚教師の口に無理やり入れるという幼稚な行動がニュースで出されました。

 

いじめを無くすのは不可能であり、時には法律を持ってしてでも制裁を加えなければならなくなるでしょう。

 

よくいじめられた児童や生徒が不登校になりますが、僕はこれ自体がおかしいと思うんですよね。

 

 

【2.なぜ被害者の負担に?】

f:id:yamatono11:20210426155653j:image

いじめ問題の解決法。

 

中には

「引っ越して環境を変えるべきだ」

という意見もありましたが、引っ越しといっても親の仕事の都合上で負担はありますし、そう簡単にできるものではありません。

 

確かに環境を変えるのは重要かもしれませんが、そもそも被害者がそうならざるを得ないのはおかしい話ではないですか?

 

それに例え引っ越してもその先で同じくいじめにあったらどうしますか?

 

また引っ越ししなければならないのでしょうか?

 

そう考えれば「引っ越せばいい」というのはあまりにも無責任すぎる意見だと僕は考えます。

 

本来なら加害者が罰を受けなければならない問題です。

 

義務教育には『停学』という処分はありませんが、出席停止を下すことはできます。

 

そこには他の児童に対する暴力(身も心も)も該当します。

 

今後生きていく上でも、罪を犯したらある程度の刑罰を受けなければならないのを自覚させる上でも重要です。

 

 

【3.加害者の実名は晒せは✖️】

f:id:yamatono11:20210426155558j:image

最後に「加害者の実名を晒せ」という意見もちらほらと見かけますが、それは絶対にNG事項です。

 

新たないじめを生む要因になります。

 

それも最もタチの悪い、

不匿名多数によるいじめ」

 

誰が見ているか分からないネットに晒され、延々と叩かれるのはハッキリ言って地獄です。

 

これを言えば、被害者が亡くなったら加害者も責任を負うべきじゃないかと反論を受けるかもしれません。

 

感情的に分からなくはないですが、少なくとも我々に追い込む権利はないですよね?

 

そうなったら今度は我々が責任を負わなければなりません。

 

確かに加害者のやった行為は許せません。

それ相応の罪を負わせるべきだと考えます。

SNSを通して批判もするでしょう。

 

ただ、実名晒すような真似は我々にはできないはずです。

 

 

スポンサーリンク