青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

ドッジボール!東海や四国で行われた大会情報!

どーも、青二才ヤマトノです!

本日は東海や四国で行われた大会結果からドッジボールの紹介をします。

 

もしかすると居住している地域のチームが活躍しているかもしれないので、是非ともその時は応援してみてください!

 

 

 

【1.静岡県大会】

f:id:yamatono11:20201104184944j:image

まずは、静岡県の大会からです。

 

第27回県民スポレク祭天下統一ドッジボール大会が開催されました。

 

結果は

優勝:三島☆金狼

準優勝:広幡ドッジキッズ

第3位:DOKKY'S

第4位:FUJIミラクルキッズ

でした。

 

こちらの大会は三島☆金狼が見事に優勝を果たしました。

 

全国大会にも出場経験があり、毎年静岡県の大会では上位に入賞するというイメージがあります。

 

広幡ドッジキッズとの3セットマッチの決勝戦は2セット連続で引き分けからのVポイントゲームへ

 

Vポイントゲーム・・・引き分けで試合終了した後、どちらかがアタックを決めるまで終わらないサドンデスゲームのこと。

 

ギリギリの戦いを三島☆金狼は制しました。

 

会場はかなり盛り上がったのかなと思います。

 

Vポイントゲームもドッジボールを白熱させる要素の1つですからね。

 

 

【2.徳島県大会】

f:id:yamatono11:20201104185043j:image

一方、徳島県ではHACHIMAN CUPが開催されました。

 

こちらの大会の結果は以下の通りです。

優勝:八万ファイヤーインパクト

準優勝:北島童夢A

第3位:千松ボンバーズ

第4位:高川原ブラックサンダー

 

優勝した八万ファイヤーインパクトは第25回春の全国大会で第3位まで進出したチームです。

 

当時はサザン'97が夏春連覇を目指して大差で勝ち進んでいったのですが、準決勝で頑張って食い止めていたのがこの八万ファイヤーインパクトでした。

 

今大会では予選リーグ4位からの大逆転優勝を果たします。

 

トーナメントも接戦を見事勝ち抜いていきました。

 

予選リーグ1位の千松ボンバーズと準決勝で対戦し、3セットフルに戦っての勝利。

 

決勝戦はしっかりと2ケタ以上を自陣内野に残して優勝となりました。

 

徳島県もまたどこが勝ち上がってもおかしくない混戦の年なのかもしれません。

 

 

【3.ボールに馴染む】

ドッジボールもボールの種類がいろいろと変わり、昔とは構造も全く異なっています。

 

現在は水色と黄色で構成されてデザインまで違いますが、動画を見る限りだとボールは結構軽くなっているようなイメージがありました。

 

そして、ボールには凹面のブツブツがあり、ゴルフボールみたいな構造になっていますね。

 

これは所謂ティンプルと言われているもので、空気抵抗の影響が受けにくい作りになります。

 

つまり、ボールが上にホップしやすいんですね。

 

またボールは軽くなればなるほど初速からスピードダウンしやすいので、球速も以前までのボールとは単純に比較できません。

 

ボールの癖に早く馴染み、しっかりとボールを操れるようになるまでまずは練習が欠かせないかなと思います。

 

せめてディフェンスがいないパス回しはしっかりとできるように。

 

単純なパス回しができなければ、実戦で思うがままに攻められるわけないですからね。

 

また、ボールが弾みやすいかどうかを確認して、ディフェンスも練習していきましょう。

 

弾みやすいボールであれば、しっかりと吸収若しくは力強く捕球しなければボールを弾いてしまいますので。

 

現在のボールがどのように変わったのかは商品を掲載してみますので確認してみてください!

 

ドッジボール習っていない方も遊び道具として一度手にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

【4.終わりに】

本日は東海や四国で行われた大会について大方紹介していきました。

 

というよりチーム紹介みたくなっていますが笑

 

次回は文化の日に行われた大会をまたいくつかに分けて紹介していきます。

 

というわけで本日の記事は以上です。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました!

スポンサーリンク