ヤマトノ教室

公務員試験対策・その他勉強法

社会学に出てくる『実証主義』の考え方。コントが見た社会とは?

どーも、やまとのです。

今回は『社会学』をテーマに記事を書きます。

高校倫理や大学で社会学を習っている方も多いのではないでしょうか?

公務員試験や教員採用試験でも何問か出題される分野です。

社会学はイメージを膨らまして、時代背景とともに押さえていくことがコツの1つと言えます。

本日は、その中でもコントが唱えた
実証主義について解説しましょう!

 

1.実証主義とは?

f:id:yamatono11:20211130113034j:image

まず、実証主義とは一体何でしょうか?

端的に言えば、
「事実を根拠として社会を観察する」
ことを指します。

我々の生活において、現在まで新たなテクノロジーがどんどん導入されました。

スコットランド 生まれのベルさんが電話を開発して以来、科学技術を取り入れて今ではスマートフォンまで開発されています。

人々の進化は、こうしたテクノロジーの進化に大きく起因していると言っても過言ではありません。

コントは、果たして科学技術は本当に科学の世界のみで適用し得ないものなのかと疑問視します。

つまり、社会を考察する上でもありとあらゆるテクノロジーを導入していけば、1つの学問として成立できるのではと考えたのです。

ここで、社会学の概念が誕生します。

コントの考えを基盤に、スペンサーやデュルケーム、ウェーバーのような超有名人が社会への考察方法を発展させました。

社会学を誕生させたことから、コントは
社会学の父と呼ばれています。

では、もう少し
『実証主義』について掘り下げていきましょう。

 

2.ヨーロッパの時代背景

f:id:yamatono11:20211130113110j:image

コントが社会学者として活躍を続けたのは、
19世紀頃の話です。

ヨーロッパでは、イギリスが18世紀末に産業革命を成功させ、19世紀もその技術を基にどんどん発展を遂げていきました。

コントはフランス人ですが、
当時のフランスは『フランス革命』の影響から社会の乱れが止まりません。

このままだと国が破綻すると考えた彼は、
イギリスが産業に科学技術を取り入れたのと同じように、社会に対しても科学的な視点を持つと良いのではと考えるようになりました。

具体的にはヨーロッパの歴史を紐解いていき、
社会に対して法則を見つけ出します。

法則の詳細については別の記事でまとめていきますが、こうした考え方がきっかけで社会学の誕生に繋がっていきました。

やがて、社会学の中でも派閥が生まれ、様々な理論が展開されるようになったのです。

コントが唱えた『実証主義』という概念。

現在でも、教育や経営等のあらゆる分野で活用されています。

想像や偏見ではなく、あくまで法則は
客観的な事実から生み出されるものです。

当時の状況でヨーロッパを俯瞰していた彼は、やはり卓越した人物だったのかもしれません。

 

3.『実証主義』のまとめ

f:id:yamatono11:20211130113140j:image

今回は、コントが唱えた
『実証主義』について見ていきました。

フランス革命で混乱していた国を治すため、
客観的事実を基に『社会の法則』を導こうとします。

これがやがて『社会学の基礎』となり、
後年の社会学者に多大な影響を与えました。

具体的な社会の法則に関しては、
次回の記事でまとめたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!