やまとの塾長の教室

これからの時代を生きるための教育と勉強

【栄冠へ王手】ドッジボール全国大会埼玉県予選

どーも、青二才ヤマトノです!

 

ドシドシと大会が開かれた今週!

 

とりあえず順を追って書いていきたいと思います!

 

まずは、埼玉県予選についてです!

 

 

【1.埼玉県予選結果】

f:id:yamatono11:20210221182321p:image

埼玉県予選は他とは違った形で結末を迎えました。

 

大会自体は残念ながら中止。

 

結果として、選手権大会を制した

月越ストームが推薦で全国大会への切符を掴みました!

 

おめでとうございます!

 

2006年春に全国大会に初出場し、予選を越えてベスト16入りを果たした後に、2007年夏では第3位と大躍進を果たします。

 

そして、極め付きは2016年度夏

有力候補の一角との声に違わぬ安定感でトーナメントを次々と越えていき、とうとう決勝戦まで到達しました。

 

1セット目を取られたものの2セットを大逆転勝利で取り返し、優勝に手が届きかけていました。

 

しかし、残り1セットを勝ち切ることができず、惜しくも準優勝という結果になりました。

 

リベンジを誓う2017春も確実に4強の座を射止めるも優勝の壁は高く、第3位で涙を飲みます。

 

目指すはただ1つ!

県大会こそ開かれなかったものの、今年の月越ストームの強さはお墨付き。

 

後一歩の栄光を掴み取ることができるでしょうか!?

 

 

【2.涙の味】

f:id:yamatono11:20210221182134j:image

先日、頭脳王見て知ったのですが、悔し涙と嬉し涙の味はどうやら違うようですね。

 

悔し涙の方がしょっぱく、嬉し涙は味が薄いようです。

 

ナトリウムの量に影響があるとかなんとか。

 

全国大会を決めたとき、あまりの嬉しさに僕も涙を流してしまいました。

 

それほど誰もが追いかけてきた夢であり、目指したこと自体が記憶に残りますからね。

 

ただ、喜んでいる人もいる一方で、味の違う悔し涙を流す人もいます。

 

特に決勝戦レベルになると本当に僅かな差なんですけどね。

 

両チーム優勝でもいいくらいなのですが、その審判がかなり厳しいのも1つのドラマだなと感じます。

 

 

【3.誇り高き王者】

f:id:yamatono11:20210221182211j:image

都道府県大会を制し、または推薦で全国に出場したチームは精一杯楽しんでほしいです。

 

カラーコートの戦いは一生ものになるので、都道府県の代表として誇りを持ってほしいなと思います。

 

どうしても勝敗はついてしまいますが、最後の最後まで全力で戦う姿に皆んなは胸を打たれます。

 

道中で敗れたチームの思いを背負い戦う。

 

これぞ、スポーツの醍醐味だなと思います!

 

早く本番の日が来て欲しいです。

 

スポンサーリンク