やまとの塾長の教室

これからの時代を生きるための教育と勉強

【勉強】世の中に0%と100%が無いのを教える

どーも、やまとのです!

 

今回もこちらの教室では『教育』に関する記事を書いていきます!

 

今日、お伝えしたいのはぜひお子さんに教えてほしいことです。

 

これはめちゃくちゃ重要なのでぜひ僕も含めて勉強していきましょう(^^)

 

 

1.ゼロリスク

f:id:yamatono11:20210511172742p:image

まず、この言葉を聞いたことがありますか?

 

ゼロリスク

その名の通りリスク(危険)がゼロになることですね。

 

原発問題でこの言葉がかなり表に出てくるようになったなと思います。

 

確かにリスクのない世の中は皆さんが望んでいるでしょう。

 

しかし、本当にこのような夢の話が叶えられるのでしょうか?

 

僕は絶対に不可能だと考えます。

あらゆるリスクが存在する社会において、大切なのはどう付き合っていくかです。

 

リスクがあるのを承知でそれが発生したときにどう対処するかを考えた方がより現実的だといえるでしょう。

 

 

2.『絶対』もやはり起こらない

f:id:yamatono11:20210511172708j:image

反対に、この世には絶対という現象もまず起こりません。

 

絶対に勝てるFXみたいな文言で商材を売るような人たちがいますが、ああいうのは十中八九詐欺師ですからね。

 

これからお子さんが高校生や大学生になる親御さんも多いと思います。

 

その歳になれば少なからず『金稼ぎ』に興味を抱くかもしれません。

 

情報媒体に慣れていないこの辺りの年齢が結構危険なのです。

 

SNSを趣味で始めたときに、メッセージを飛ばす輩が何人もいます。

 

そいつらはアホなので初対面なのにいきなり儲け話を持ちかけてきます。

 

普通見ず知らずの他人に稼ぎ方のコツを伝授しようだなんて思いますか?

 

友達にすら軽々しく言わないはずです。

 

警戒心を持つことの重要性をしっかりと教育してあげてください。

 

 

3.チャレンジ精神に繋がる

f:id:yamatono11:20210511172622j:image

チャレンジというものはいつ芽が出るか分からないものです。

 

それなのに、大半の方は「そんなのやっても上手くいかないよ」どうと吐き捨てます。

 

現実を見なくてはならない時期があるのは確かにあります。

 

何十年やっても無理だなと感じたら、潔く身を引く勇気も必要とはなるでしょう。

 

しかし、問題なのは挑戦する前から夢を捨てさせようとする人です。

 

スラムダンクの黒板漫画というあとがきみたいなストーリーがあるのですが、そこで桜木花道のリハビリを担当していた看護婦さんの一言が今も胸に突き刺さっています(^_^;)

 

それは、日本人初のNBA選手(田臥選手のことですね)が出たと桜木に伝えたときに放ったセリフ。

 

「知ってる?桜木くん。日本人初のNBA選手が生まれたって。」

 

「ほとんどの人が日本人にはムリって思ってたらしいわ。だけど…」

 

『ムリっていうのはいつだってチャレンジしていない奴よね。』

 

大抵の人が隠れたところから挑戦する者を嘲笑います。

 

それはある種人間の特性なのかもしれません。

 

出る杭打たれるという言葉にもある通り、突き抜けようとする人を恐れて叩きにいきます。

 

ネットで叩くという言葉も、出る杭になぞらえているのかなとか思ってしまいます。ネットスラングは然程詳しくないのでわかりませんが。

 

絶対に成功する保証もないですが、絶対に失敗する根拠すらもないのです。

 

大小あれども必ず挑戦しなければならないことが人生に待ち受けています。

 

乗り越えてみようホトトギスと勇気を振り絞れるか否かはあなた次第です。

 

スポンサーリンク