「やまとの」教室

【学ぶ・感じる・考える】

『火光』ドッジボール春の全国大会長崎県予選

どーも、青二才ヤマトノです!

 

続々と行われる春の全国大会都道府県!

 

今回は長崎県の情報について紹介していきます!

 

長崎県予選を制したのはどのチームでしょうか 

 

 

【1.長崎県予選結果】

f:id:yamatono11:20210209185840p:image

長崎県予選を見事突破したのは、

大村BLAZEでした!

 

おめでとうございます!

 

僕が調べた限りでは、恐らく初の出場となる全国大会。

 

見事にチームの歴史を上書きしました。

 

長崎県といえば、2006年春

旭フェニックス

が全国大会を制覇しています。

 

初出場の勢いを武器に、史上2チーム目となる長崎県の日本チャンピオンが誕生するでしょうか!?

 

非常に楽しみです!

 

 

【2.時と、歳と】

f:id:yamatono11:20210209185906j:image

ドッジボールはこの30年間で大きく姿を変えています。

 

我々の頃に当たり前だったことは、昔の方からすれば邪道で、現代の方からすれば時代遅れに感じることもあるかもしれません。

 

変化は進化退化という2つの側面を持ち合わせています。

 

しかもそれは、片面から見れば進化と感じるものの、もう片方から見たら退化に見えるなんてこともあるでしょう。

 

その正解を100%知っている人はいません。

 

試行錯誤、いろいろ考えながらやり方を編み出していく物です。

 

また、1つのスキルや戦略には、大人から見た目線子どもから見た目線があります。

 

大人にとっての正解が、必ずしも子どもに当てはまるかは分かりません。

 

体格や運動神経が違いますし、頭脳も違いがあります。

 

大人の場合は、論理的に考えられるものの盲点は一般的に見つけにくいものです。

 

柔軟な作戦に焦点を当ててみれば、意外と子どもの方が賢いのかもしれません。

 

そういう意味でも、提示されている答えが100%正解だと信じ込まないことが大切です。

 

僕も何個か自分なりの答えを挙げていますが、絶対に自分が正しいとは思っていません。

 

だからといって、他人に言われたことを鵜呑みにすることもしないです。

 

情報が簡単に手に入る今だからこそ、取捨選択は非常に重要なスキルとなります。

 

 

【3.選手も考える】

選手からしてみれば、監督やコーチの助言を守り抜けば良いと考えるかもしれません。

 

僕自身もそうでした。

 

しかし、本当に意識しないといけないことは、1つ1つのプレーに自分なりの意図を持つことです。

 

なぜ、このプレーを選択したのか?』

 

自分なりに考えることで、新たな発見を得られるかもしれません。

 

経験上、議論できる選手は成長スピードが早いなと思います。

 

僕の「こういうプレーはどうだろう?」

という問いに対し、

 

「こっちの方がいいかも」と自分の考えを述べられる選手は本当の意味で素直です。

 

もちろん、同意だと感じたら実行して良いでしょう。

 

あくまで、自分で判断できることが大切なのです。