やまとの教室

文武をともに記した学習帳

ドッジボール!新年度に期待すること

どーも、青二才ヤマトノです!

 

本日はドッジボールの話題を書いていきたいなと思います。

 

新年度に切り替わり、学校が始まればどのチームも新たな代に生まれ変わるでしょう。

 

今年度もまた素晴らしい試合の数々を見ることができればなと思います。

 

 

【1.夏の全国大会】

f:id:yamatono11:20210404152014j:image

まず、1番の願いは夏の全国大会が無事に開催されることですね。

 

そのまま春も無事に開催されれば、3年ぶりとなる全国大会2回開催になります。

 

世の中は『まん防』という新ワードが誕生しましたが、少しずつ抑圧が改善されているような気がします。

 

やはり2度チャンスがあると選手たちのモチベーションも上がりますし、夏と春で違った全国大会が見られるのがドッジボールの醍醐味ですからね。

 

とはいえ、まだ怖いと思う方もいますし、僕自身も外出はできるだけ避けている身です。

 

生活には気を配りつつ、少しずつ元通りの生活に戻れるよう働きかけるのが重要かもしれませんね。

 

 

【2.新チームの参加】

f:id:yamatono11:20210404152256j:image

また、新しいチームがどこかで増えないかなというも望みの1つです。

 

  • D-1登録
  • ユニフォーム規定
  • 指導者資格

 

などといった壁が存在するものの、たくさんの方々が様々なサービスを用いてドッジボールの楽しさを伝えています。

 

僕はブログとYouTube、Twitterを主な拠点としていますが、Twitterでは意外と元ドッジボーラーと知り合えるんですよ。

 

ビジネスアカウントかなと思いきや、

「実はドッジボールで全国大会に出場したことあるんですよ!」

とメッセージをもらえることもあります。

 

ドッジボールのことを忘れかけていた方々が、このタイミングでドッジボールに戻るきっかけにも繋がるかもしれないと僕は考えています。

 

特に僕の代でも結婚して既にお子さんがいらっしゃる方はたくさんいるので、ドッジボール親子が今後もっと増えることを期待したいです。

 

 

【3.チーム復活】

f:id:yamatono11:20210404152232j:image

 

先日、こちらの記事で福岡県のリトルWinkについて紹介しました。

www.yamatono.info

 

これまで数多くのチームがあらゆる理由で解散しています。

 

一度解散したチームが再び大会に参加してくれることがドッジボール界を大きく盛り上げると僕は考えています。

 

その最たる例が金剛寺ファイターズです。

 

金剛寺はかつて全国制覇を何度も果たした伝説チームですが、一度解散を経験したことがあります。

 

しかし、近年チームが再結成され、この前の第30回春の全国大会では第3位と20年の時を経て上位入賞を果たしました。

 

もし、昔ドッジボールを習っていた方が久しぶりに映像を見て火がついたら……

 

伝説チーム復活の狼煙を上げる可能性も大いにあり得ますよね。

 

思いがけないカギというのはどこに隠れているか分かりません。

 

ドッジボールの素晴らしさを精一杯伝えていきたいという純粋な気持ちは必ずプラスに働くと思います。

スポンサーリンク