青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

笑顔一番!スポーツと合わせて免疫力アップ!

f:id:yamatono11:20201109123759j:image

どーも、青二才ヤマトノです!

 

本日は笑顔の隠れた効力について紹介していきたいと思います。

 

そして、スポーツに上手く組み合わせることでその力は遺憾なく発揮されます。

 

その効果とは何か、具体的に解説していきましょう!

 

 

 

 

 

【1.笑顔の力】

f:id:yamatono11:20201109124136j:image

まずは、笑顔が引き起こす力について説明していきます。

 

単刀直入に言うと、人は笑顔を意識すると免疫力向上に繋がって健康体になることができるのです。

 

つまり、笑顔を絶やさない人は体が強くなりやすいんですね。

 

そんなことあるのか!と疑問を持ちたくもなりますが、笑顔を意識するとNK細胞が刺激されるという研究データがあります。

 

とりあえず笑顔とNK細胞について考察した論文を1つご紹介しますね。

 

NK細胞は刺激されると体内のウイルスをやっつけるT細胞や抗体を作り出すB細胞の働きを活性化させると言われています。

 

そのNK細胞を動かす原動力の1つとなっているのが笑顔だったんですね。

 

1日にどれほど多く笑うことができるかというのは思っている以上に大切なこととなります。

 

しかし、笑える場面にあまり遭遇する機会も無いかもしれません。

 

そんな方に朗報があるので、次のチャプターで紹介していきましょう。

 

 

【2.つくり笑顔でも十分?】

f:id:yamatono11:20201109124323j:image

なかなか笑いたくても笑える状況は訪れないよという方は定期的につくり笑顔を意識してみると良いです。

 

心の底から笑っていなくても、つくり笑顔をすれば同様にNK細胞の刺激に繋がるということが分かっています。

 

皆さんは、デュシェンヌ・スマイルという言葉をご存知でしょうか?

 

こちらはデュシェンヌさんという方が定義した言葉で、

  1. 両口角を上げる
  2. 目にシワをつくる

を意識した笑い方を指します。

 

鏡で実際に顔をつくってみて、何か辛いことに直面してもこの笑顔をつくってみましょう。

 

もちろん、涙を流すことも重要ですが、たくさん泣いた後はしっかりと笑顔を意識します。

 

そうすると免疫力向上に繋がり、健やかな毎日を送りやすくなるのです。

 

笑顔はまさしくフリーですからね。

 

これほど自由に手に出来るサプリメントはありません。

 

 

【3.スポーツ+笑顔】

f:id:yamatono11:20201109124439p:image

スポーツも適度であれば免疫力向上に繋がるというのは周知の事実です。

 

スポーツに笑顔を合わせたら鬼に金棒。

 

健康にこの上ない優秀な味方となります。

 

先程、つくり笑顔でも良い旨を書きましたが、なかなかスポーツしている最中につくり笑顔をする余裕はないでしょう。

 

しかし、1つの喜びに対してオーバーにリアクションすることはできます。

 

そして、1つ1つのプレーに対して連続的かつしっかりと喜ぶことができるスポーツといえば公式ドッジボールです。

 

なぜなら、ドッジボールにはアタックやキャッチという熱く盛り上がるプレーがあるからですね。

 

特にキャッチをすればボールは確実に支配できるのでパフォーマンスをする余裕が生まれます。

 

その時に皆んなで盛り上がることが可能です。

 

お手軽にできるスポーツなので、ぜひ公式ドッジボールを検討してみてください。

 

 

【4.終わりに】

本日は笑顔の効果とスポーツに合わせることの大切さについて書いてみました!

 

人の行動を細かく見ていくと、さまざまな力を持っていることが分かります。

 

つくづく人間は秘めたる力を存分に持っているなと感じます。

 

皆さんもぜひ笑顔は意識するようにしてくださいね!

 

というわけで今日の記事は以上です。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました!

スポンサーリンク