やまとの教室

これからの時代を生きるための教育改革

ドッジボール!ドッジやろうぜ!杯(2007年度)準決勝2セット目

どーも、青二才ヤマトノです!

 

本日はYouTubeで動画を更新しました!

 

ドッジやろうぜ!杯(2007年度)準決勝2セット目です。

 

こちらのブログはネタバレ要素満載なので、まだ見ていない方は先に動画の方をご覧ください。

 

youtu.be

 

 

【1.両チームの共通点】

f:id:yamatono11:20210116182640j:image

まず、この試合の特徴を書いてみます。

 

木曽岬ラッキーキッズも月越ストームもゲーム序盤からアタッカー陣が当てられてしまいました。

 

アタッカー陣が全滅すると、ディフェンス側の構えの基本は内野寄りになります。

 

外野にアタッカーが揃う形となるため、なるべく外野から戻されないような形をとるんですね。

 

こういう形となったら、サブで出てくる内野アタッカーが大きな鍵となります。

 

きちんとパス回しに参加する事ができれば、逆にオフェンスは幅が広がります。

 

今回紹介した両チームは、サブのアタッカーがメインと引けを取らないくらいパス回しに参加していました。

 

このくらい選手がたくさんの仕事をできるようになると、どのような展開になっても対応できるようになりますね。

 

この試合はお互いがアウトを量産し、結果的にサドンデスまで持ち込みました。

 

最後には木曽岬ラッキーキッズが勝利する形となりましたが、どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。

 

 

【2.木曽岬ラッキーキッズ】

f:id:yamatono11:20210116182852p:image

この代の木曽岬ラッキーキッズといえば、秦野西ファイターズ以来となる夏春連覇を成し遂げたチームとして、一躍有名になりました。

 

初めて見たときは、凄く試合慣れしている印象があったのですが、よく見てみると細かいことをかなりハイレベルでやっているんだなと感じました。

 

パス回し時のポジショニングや戦術が凄く良く練られていて、ここまでドッジボールを賢くプレーするのは本当に凄いことです。

 

また、木曽岬ラッキーキッズは女子選手を中心としたディフェンス陣も堅固でした。

 

男子選手のパワーに負けず、ポケットを広くして吸収するキャッチングフォームは参考になります。

 

ドッジボールのディフェンスはタイミングと柔軟性、そしてメンタルが重要です。

 

メンタルで負けてしまうと、自立したキャッチングフォームを作ることが難しくなります。

 

メンタルをきちんと保つことができれば、後は日々の練習が物を言います。

 

パワーは個人差がありますが、ディフェンスは意識次第で伸びるので、繰り返し練習を頑張りたいところですね。

 

 

【3.1月の時期】

f:id:yamatono11:20210116182933j:image

1月は6年生にとって急成長できる時期だと思います。

 

スポーツは伸びる途中に必ずスランプが訪れますが、11月や12月はまだスランプで悩む選手も多いんですね。

 

そこから1月や2月頃になるとグーンと伸びてくる選手はたくさんいますし、現に何人も見てきました。

 

卒業が近づくと焦ってくるかもしれませんが、確実に1つ1つの練習を物にしていきたいですね。

 

これから大会がどのように開催されるか分かりませんが、残り少ない大会や練習試合で思う存分プレーできるように頑張ってくださいね!

 

スポンサーリンク