やまとの塾長の教室

これからの時代を生きるための教育と勉強

【教育】就活。将来の向き合い方に注意!

どーも、やまとのです!

 

就職活動も真っ只中。

そろそろ内定が決まって落ち着く方も出てくる頃ですね。

 

勤める会社が決まった方も、そうでない方も絶対に押さえるべき仕事の向き合い方があります。

 

本日はそこを解説していきましょう。

 

 

1.あると思うな終身雇用

f:id:yamatono11:20210509145904j:image

まず、いきなり期待を裏切る形となるかもしれませんが、あなたの仕事で一生安泰が保障される確率はほぼ無いと考えるべきです。

 

内定を既に取られ、新社会人となる自分の姿を思い浮かべていた方、申し訳ありません。

 

ただし、終身雇用という四文字はハッキリ言えばオワコンです。

 

あなたが勤める会社が倒産する危険性もありますし、心身の疲れで退職される可能性も考えられます。

 

僕だって元々は市役所勤務として働いていました。

 

安定職と言われる公務員だった僕ですら辞めてしまったんです。

おまけに僕みたいに公務員を辞めた人間は意外にも少なくありません。

 

さまざまな闇を知って転々としていくのが今では主流です。

 

だからこそ、第二や第三の人生をあらかじめ考えておく必要もあります。

 

 

2.では何をすればいいの?

そんなことを言っても、就活が終わった今新たに行動しようにも何をすればいいか分からないという方がほとんどでしょう(^◇^;)

 

大丈夫です!

方法は単純に2つだけですから。

 

  • 資格勉強(種類は限られる)
  • 副業の準備

 

 

資格勉強

f:id:yamatono11:20210509145711j:image

第二、第三の道に進む上で資格勉強は非常に役立ちます。

 

何も必ず資格を取れということではありません。

 

ただ、知っておくと日常生活にも役立ちますし、いざとなれば資格取得して新たな道へスッと動けます。

 

資格はなるべく実用性の高いものにしましょう。

 

個人的におすすめなのは

  • 簿記
  • 宅建

辺りかなと思います。

 

簿記の資格を取得すれば、大抵の事務職で大いに役立ちます。

 

宅建は主に不動産営業にかかる資格です。不動産会社で働くのもいいですし、不動産投資などの方面で役立たせてもいいでしょう。

 

おまけに宅建は法律を用いた国家資格でありながらも、司法試験や司法書士と比べればそこまで難易度は高くありません。(低いというわけでもないですが)

 

コスパが十分に良い資格といえます。

 

 

副業の準備

f:id:yamatono11:20210509145745j:image

併せて副業の準備も欠かせません。

 

「え、もう副業も準備するの?」と疑問に思うかもしれませんが、今の社会は収入源をなるべく多く確保することが大切です。

 

特に現代はクラウドソーシングといって、企業との間で仕事を媒介してくれるサイトも非常に多いです。

 

月に数万程度なら問題なく稼げます。

 

とりあえず、このクラウドソーシングの存在を知っておくことが重要です。

 

今のうちに調べておき、プロジェクトやタスクにチャレンジしてみましょう!

 

 

3.動きながら学ぶ

f:id:yamatono11:20210509150111j:image

人間、失敗を恐れるあまりによく学んでから行動しようとする人が多いです。

 

しかし、今の時代は科学的進歩が凄まじく早いので解を生み出した時にはもうニーズが変わっていきます。

 

学ぶのは動きながらで問題ありません。

 

失敗してもまだまだやり直せるチャンスはいくらでもあります。

 

チャレンジ精神も動くことで培われていくので、まずはとりあえず一歩を踏み出しましょう。

 

挑戦するのは若さの証です!

スポンサーリンク