やまとの塾長の教室

【学ぶ・感じる・考える】

ドッジボールのアタックの打ち合い。2007年度Pchans

どーも、やまとのです!

 

この前、ドッジボールの方のYouTubeアカウントで動画を更新しました。

 

更新した動画と2007年度のPchansを見た個人的な感想を書いていきます。

 

 

1.アタックの打ち合い

まだ見ていない方はぜひこちらからご覧ください!

 

youtu.be

 

これも予選リーグの試合ですが、壮絶なアタックの打ち合いが繰り広げられています。

 

ドッジボールの醍醐味ともいえるアタックの打ち合い。

 

アウトを取れば攻撃側がガッツポーズをし、逆にキャッチすれば守備側がガッツポーズをします。

 

隙を見つけたらどんどんアタックするドッジボールも見ていてとても楽しいです。

 

中盤まではハイペースでお互いの内野人数を少なくしていきますが、後半は両チームとも執念の粘りを見せたと思います。

 

予選リーグからこのように気持ちを爆発させた試合が見られるのは、全国大会県予選たる所以ですね。

 

 

2.2007年度Pchans

 f:id:yamatono11:20210903190047j:image

Pchansは毎年テンポの速い攻撃一球入魂を体現したような気合いが特徴的だと見ていました。

 

 Pchansのリズムは惚れ惚れするところもあり、県外でも人気が高いチームだと思います。

 

2007年度はテンポの良い攻撃に加えて、パワフルさが増したという印象を抱いていました。

 

1発のアタックに威力が高まった分、セットプレーからのアウトも重ねられるので守る方としては怖さがありますね。

 

流れに乗ったら止められなくなる特徴も受け継いでいました。

 

 

3.攻撃は最大の防御

f:id:yamatono11:20210903190214j:image

ドッジボールはオフェンスとディフェンスがはっきりと分かれるスポーツですが、根本的な心構えは変わりません。

 

ディフェンスの時も相手に立ち向かっていく姿勢が必要です。

 

アタックから体を背けようとすると、体重が後ろにかかってボールを弾いてしまいます。

 

転がりながらキャッチするという技もありますが、体が後ろに引けてしまうのとはまた別です。

 

基本的には体を自律させるのが大切となります。

 

もし、キャッチの時にバランスを崩してしまう方は、体幹トレーニングをしてみましょう。

 

melos.media

 

「小学生に筋トレは大丈夫?」と心配になるかもしれませんが、ウエイトリフティングのように重たい器具で負荷をかけるような筋トレじゃなければ害はありません。

 

体幹トレーニングに関しては下記のサイト等を参考にしてください。

 

特にプランクは家でもどこでもできるので定期的にやっておくのがオススメです。

 

バランスを鍛えて、正しいキャッチングフォームを身につけましょう!

 

アタックに向かう姿勢があってキャッチングフォームもきちんとまとまります。

 

もちろん、雑に取るのとはまた異なりますが、守備においても果敢な姿勢を見せるのがチームの士気にも欠かせません。

 

 

4.まとめ

今回はドッジボールの動画を参考に2007年度のPchansを紹介しました!

 

明日も動画を更新したいと思います。

 

確認したい方は、是非ともチャンネル登録の方をよろしくお願いします。

 

youtube.com

 

他の動画も参考にして、ドッジボールの練習や試合に生かしていきましょう!

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク