青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

ドッジボールの戦いの記録 近代期

どーも、青二才ヤマトノです!

今日もドッジボールの歴史を振り返るシリーズ進めていきます!

 

前回は中期ということで第15〜19大会を見ていきました。

www.yamatono.info

 

今回もまたたくさんの強豪が登場します!

 

 

◉目次

 

 

【1.永年の夢】

f:id:yamatono11:20200911174911j:image

今日、紹介する時期をあえて近年期という形で括りたいと思います。

 

この時期の特徴は、これまで全国大会に何回も出場を遂げたチームが次々に制覇していったということです。

 

記念すべき第20回大会夏は、2年前に全国準優勝、前年にベスト8とあと一歩のところで王者の座を逃したオオハタブレイカーズ大分県が遂に全国制覇を達成しました。

 

決して独特のペースを崩さず、投げる前に何度もディフェンス陣に声がけするのが特徴的なチームです。

 

ゆっくり、ゆっくりと自分たちのペースに引き寄せて確実にゲームをモノにする美しい芸当は強豪の風格を感じさせられました。

この時、夏の全国大会は5度目の出場です。

 

2年後の第22回夏の全国大会では、7年連続で全国大会に出場し続けた板橋ファイヤーズ(京都府が全国王者となりました。

 

毎年、鉄壁の守りを武器に安定感抜群でしたが、ベスト8の壁を破ることがなかなかできませんでした。

 

ですが、何度も京都府予選をクリアして、全国的にその存在は知れ渡ります。

そして、念願の全国制覇。

まさにドラマのような展開でした。

 

そして、第23回大会春。

この大会では夏に9回春に3回全国大会に出場してきたデイリー相模原ボンバーズ(神奈川県)の全国制覇の夢が叶いました。

 

毎年衰えることのないテクニックが持ち味で、攻守共に高いレベルで仕上げてくるチームという印象がありました。

 

優勝候補と言われてきた年もありましたが、なかなか優勝まで上り詰めることはできませんでした。

 

その歴代の悔しさをこの回で見事に晴らすことができました。

テクニックに加えてパワーも兼ね備えた代という印象があります。

 

 

【2.複数回優勝】

そして、この頃になるとかつて全国制覇をしてきたチームが再度優勝するようにもなります。

 

時代は前後しますが、第20回大会春に全国制覇した高須ドラゴンキッズ広島県は、第10回大会春以来となる2回目の王者となりました。

 

十の位が変わる記念大会に王者となってきた高須ドラゴンキッズ

 

そういえば、次の春は29回目?30 回目?

昨年度の春が新型コロナウイルスの影響で中止になったので、このカウントは難しいところですが、いずれにせよ勝手に期待してしまう自分がいます(笑)

 

他にも2005年春にドッジボールの歴史を大きく変えたと紹介したサザン'97(愛知県)も第24回夏、第25回夏春と再び全国制覇を果たしました。

 

次回の記事でも触れるかもしれませんが、第28回春にも全国制覇をしているので、夏春含めて秦野西ファイターズ(神奈川県)に次ぐ2番目に全国王者を経験したチームとなりました。

 

細かいところは変わりますが、毎年攻めのパターンを確立していて、基礎的なプレーを確実にこなしていくチームです。

加えて、見ていてワクワクするチームなので、ファンも多いかなと思います。

f:id:yamatono11:20200911175101p:image

 

 

【3.久々の連続優勝】

f:id:yamatono11:20200911175145j:image

第22回春の全国大会、ガッツ(愛知県)金剛寺ファイターズ以来となる2年連続全国制覇を成し遂げます。

 

これまでは、夏春優勝の記録を出したチームはいましたが、2年にわたって全国制覇をしたチームがなかなか現れませんでした。

 

初めて優勝した第21回大会は全国大会初出場。

夏春連覇を狙うバイオレンス国田(茨城県と決勝戦で対戦したあの試合は今も語り草となっています。

 

そして、続く第22回春の全国大会は決勝戦で1セット目は内野人数を3人にされてしまうものの、2セット目と3セット目を見事に守り抜きました。

 

愛知県の復活とともに、記録の樹立とガッツはドッジ界に大きな功績を残しました。

 

そして、上述したとおりサザン'97は、第24回大会夏と第25回大会夏に連続優勝を成し遂げています。

 

第25回大会は夏春制覇も果たし、この2年でサザン'97はさらに大きく躍進しました。

 

古くから全国大会上位に進出するほどの力を持っていますが、近年にわたってもなお維持し続けています。

 

 

【4.終わりに】

今回はドッジボールの戦いの記録、近代期をまとめていきました。

 

次回はこのシリーズの最終回、現代期を紹介します。

 

というわけで今日は以上となります。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました!

なお、アメブロでも記事を更新します。

いつもと同じ、19:05投稿予定です。

 

ameblo.jp

 

スポンサーリンク