青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

芦田愛菜さんの名言

どーも、青二才ヤマトノです!。

ここ最近、愚痴のような記事が続いてしまったので、今日は芸能人のホットなニュースをテーマに書いていきます。

 

天才子役として芸能界デビューを果たし、現在も聡明な女優として活躍を続けている芦田愛菜さん。

 

今日は、その芦田愛菜さんの言葉に感銘を受けましたので紹介します。

 

 

◉目次

 

 

【1.芦田愛菜さんの名言】

まずは、皆さんに問題です(^^)

 

Q.皆さんは、"信じる"という言葉をどう解釈しますか?

f:id:yamatono11:20200905131609j:image

 

「私はあなたを信じている」

 

言葉では当たり前のように使いますが、明確に答えることは難しいですよね。

 

辞書を引けば言葉の意味は出てきますが、それを論じるように表現するのは「うーん」と首を捻ってしまいます。

 

簡単に出すことができない問題を芦田愛菜さんはこのように答えました。

 

「自分が理想とするその人の人物像に期待していることなのかな。だから人は『裏切られた』とか『期待していたのに』とか言うけど、それはその人が裏切ったわけではなく、その人の見えなかった部分が見えただけ。見えなかった部分が見えたとき、それもその人と受け止められる、揺るがない自分がいるのが信じられることかなと思う」

 

もう脱帽です!

素晴らしい名言がここに誕生しました!

 

読書好きとは聞いていましたが、ここまでしっかりと芯の通った答えを出せるとは。

 

努力家で数々の舞台に立った彼女だからこそ、心に刻み込んだ信念なのかもしれません。

 

 

【2.年齢は関係ない】

年功序列という言葉も今は少しずつ霞んできているかのように思えますが、尊敬する人に年齢はないなと痛感します。

 

僕も今年で26歳になります。

 

話題となっている芸能人は少しずつ歳下が増えてきました。

 

ですが、僕は学ぶときには年齢関係なく謙虚になりたいなと考えています。

 

これは何も偉いことでもなんでもなく、下手なプライドを見せると成長できなくなるんですよね。

f:id:yamatono11:20200905131720j:image

 

芦田愛菜さんは僕と10個も年齢が離れていますが、この思考力と表現力は本当に勉強になるなと感じています。

 

 

【3.習得が難しい表現力】

芦田愛菜さんが"信じる"という題材でここまで表現できるのは、大げさではなく並大抵のことではありません。

 

今は教育学をそこまで勉強していないので、理念が変わったかもしれませんが、教育には3つの大切な力があります。

 

それが、

  • 思考力
  • 判断力
  • 表現力

です。

 

ある問題を深く考察して、自ら答えを導き出し、それを自らの言葉で伝えることができる力。

 

現代教育は表現力に重点を置く傾向にありますが、この力を付けることは結構難しいです。

 

ここからは持論となりますが、なぜ表現力を身につけるのが難しいかというと、人は成長するに連れて自分の言葉に自信を無くしてしまうんですよね。

 

自分の発言がトンチンカンな内容だったらどうしようと思ってしまうと人前で話すことが億劫になります。

 

僕もブログを書く前は、なるべく人前で意見しないようにと隠れていました。

 

"表現の失敗"を恐れていたんですね。

 

ですが、元来日本の法律は『公共の福祉』に反しない限りは"表現の失敗"という概念がありません。

 

相手を陥れる誹謗中傷やプライバシーを漏らすという行為は、公共の福祉に反するので"表現の失敗"だと思います。

 

ですが、自分が勉強した内容を表現できること自体が素晴らしい行為なので、間違えを怖がる必要などまったく無いのです。

 

それなのに、発言に正確な答えを求めるなど、細かいところまで発言を修正されることが多々あります。

 

それが、いつしか常識に縛られてしまい、自由な発言を人から奪ってしまいます。

 

自分で表現することが苦手な人は、実は自分自身の努力不足などではなく、周りが阻害してしまっている可能性も高いのかなと僕は考えます。

f:id:yamatono11:20200905131741p:image

 

 

【4.終わりに】

本日は、芦田愛菜さんの素敵な名言から、表現力の習得について見ていきました。

 

こういうホットなニュースはいつ見ても良いですね。

 

人はネガティブな情報に食いつきやすいという性格はありますが、暗いニュースに操られてしまうと運気が下がります。

 

これは、ストレス過多による判断力の低迷が招く現象です。

 

暗いニュースとストレスの関係がら必要十分条件かは人によるかもしれませんが、僕の場合は

  • 暗いニュース見る→ストレス溜まる
  • ストレス溜まる→暗いニュースを見る

と両方の因果関係が成立するなと振り返って感じます。

 

もちろん、世間を知るためには暗いニュースに目を向けることも大切ですし、そもそも僕のブログも法律のテーマが多いので取り上げることは多々あります。

 

ですが、必要以上に感情移入はしないように気をつけてください。

 

ストレス過多は健康面だけでなく、IQにも影響を及ぼしてしまいますからね。

 

というわけで今日の記事は以上です。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました。

 

スポンサーリンク