青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

しつこいナンパは犯罪

どーも、青二才ヤマトノです。

 

今日はナンパの被害に遭ったことがある方向けに記事を書いていきます。

f:id:yamatono11:20200831184007j:image

 

とりあえず、時間が無い方へ結論を先に言いますと、しつこいナンパは犯罪です。

 

被害に遭ったら警察へ通報しましょう!

 

これから先は時間がある方向けにナンパがどう法に触れるか、さらにどのように対処するべきか書いていきます。

 

 

◉目次 

 

 

【1.軽犯罪法違反】

1週間の終わり、華の金曜日!

友達と飲みに出掛けた帰り道にしつこいナンパにあったという経験はありませんか?

 

帰りたいのに、なかなか通してもらえず、非常に怖い経験をされたという方もいると思います。

 

ですが、しつこいナンパは事件性があるのか、警察に連絡しても取り合ってくれるかなど、いろいろと不安になって相談することを躊躇ってしまうかもしれません。

 

そのような不安を抱く必要は全く無く、むしろしつこいナンパは軽犯罪法に触れる可能性があります。

 

例えば、道を塞いで人を通さないようにする行為や迷惑や不安を覚えさせる行為軽犯罪法1条28号に触れる罪となります。

 

軽犯罪法に違反した場合は、拘留又は科料の刑を受けなければなりません。

 

拘留とは、短期間の禁固刑を指し、1日以上30日未満と下限と上限が決められています。

 

1ヶ月と勘違いしそうですが、30日未満なので、最長でも29日ですね。

 

拘留には、執行猶予が付かないこととなっているため、必ず実刑となります。

 

ですので、29日の拘留に科せられたら29日間施設から出ることはできません。

 

科料とは、罰金とほぼ同類ですが、金額は1,000円以上10,000円未満と罰金よりも金額は低いです。(罰金の場合は10,000円以上)

 

ちなみに、行政罰の過料とは違い、前科が付きます。

 

軽犯罪なので、刑は軽いかもしれませんが、前科は付くので人生における黒星には変わりないです。

 

ちょっとしたイキリが人生の黒星に繋がってしまうため、ナンパもいろんな意味で人生賭けているなと思います。

 

下手なリスク背負うくらいなら止めた方が無難ですけどね。

f:id:yamatono11:20200831184050j:image

 

 

【2.度が過ぎると】

次に度が過ぎたケースを紹介します。

 

例えば、ナンパを無視しようと振り切って逃げたところ、肩や腕を掴まれたという場合です。

 

これは、軽犯罪の枠を超えた暴行罪に十分該当します。

 

暴行罪は2年以下の懲役又は30万円以下の罰金拘留科料の罪に問われます。

 

また、身体を触られた場合は強制わいせつ罪に該当すると考えられます。

 

6月以上10年以下の懲役となるので、こちらの構成要件も覚えておくといいでしょう。

 

また、各自治体で定めている条例に違反する要件も存在します。

 

迷惑防止条例には、つきまとい行為を禁止する規定もあるので、不安を覚えた方はきちんと警察に相談しましょう。

 

 

【3.ナンパの対処法】

しつこいナンパにどう対処するか、いろいろと方法がありますが、まずはキッパリと断りましょう。

 

勧誘もそうですが、言葉を濁してしまうと相手は都合の良いようにに捉えてしまいます。

 

微塵も興味がないと分からせてあげましょう。

 

断り文句としては

  • 今急いでいるので
  • 彼氏と待ち合わせしているので
  • 旦那が家で待っているので

が良いです。

 

伝えたらすぐに立ち去りましょう。

 

それでも、しつこく付いてくるようでしたら、近くに交番があれば助けを求め、なければ警察に電話するのも手です。

f:id:yamatono11:20200831184138j:image

 

ですが、電話した時に逆上して手を出される可能性もあるため、まずは身の安全を第一に考えましょう。

 

なるべくコンビニがある道を通ると、何かあった際にすぐに逃げ込むことができるので、帰るルートも押さえておくといいかもしれません。

 

 

【4.ナンパの予防】

これまでは、しつこいナンパに遭ったらどうするかを書いていきましたが、1番はナンパ魔に会わないことが大切です。

 

最後に、ナンパの予防を記述していきます。

 

まずは、夜遅くなるようでしたら、家族にお願いして迎えに来てもらうようにしましょう

 

やはり、夜1人で歩くのは危険も伴います。

 

特に、特定の誰かに声かけられるなと感じた時は、暫くは送迎してもらうことを考えた方がいいかもしれません。

 

送迎が難しい場合は、タクシーを利用するのも手ですね。

 

どうしても歩かないといけない場合は、何かあった際にすぐ逃げ込めるような施設が並ぶ通りを歩くようにしましょう。

 

さらに、防犯グッズはいくつか携帯しておくことも大切です。

 

特に催眠スプレーは1つは持っておくべき防犯グッズと言えます。

f:id:yamatono11:20200831184227p:image

 

 

【5.まとめ】

いろいろと書いてしまったので、箇条書きで重要なポイントをまとめます。

 

  • しつこいナンパは軽犯罪法と条例に違反
  • 警察に通報しても問題なし
  • 嫌ならハッキリと断ること
  • 夜道はなるべく1人で歩かない
  • 歩く場合は明るい通り+防犯グッズ

 

この5つはしっかりと押さえましょう。

 

そして、ナンパだから事件性ないといって、警察への相談はためらわないでください。

 

そこで、テキトーに警察官があしらった場合は、その警察官が警察法や警察職務執行法違反で問題となりますので。

 

何でもそうですが、必要以上に予防線を張ることが大切です。

 

というわけで今日の記事は以上です。

最後まで読んでいただきどうもありがとうございました!