青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

詐欺(さぎ)注意!「形事」事件

どーも、青二才ヤマトノです!

 

青二才ヤマトノの学習帳では、

法律、ニュース、スポーツ

の3点から人間関係や秩序、道徳について見ていきたいと思います。

 

今日はあるニュースからの抜粋となるのですが、またもや詐欺について取り上げられていたので紹介してみます。

 

今回のお話は内容上、教育にも繋がる話なので、幅広い年齢層の方にとって大切な話になります。

 

 

◉目次

 

 

 

【1.詐欺未遂事件】

今回、報道されていた内容は、若年の男性が仲間内で高齢者に詐欺を行ったとして逮捕されたというものです。

 

逮捕された男性は21歳という若さでした。

 

東京都の府中警察署に連行されていきましたが、黙秘しているため、念のため真相はどうなのかを調査しているところです。

 

警察を装って手書きのメモで詐欺を試みた容疑者でしたが、その内容は世間を驚かせるものでした。

 

○まさかの漢字が書けない!?

上述したとおり容疑者は手書きのメモで詐欺を試みました。

 

もう少し細かく書きますと、容疑者は「刑事課特殊詐欺防犯係」という架空の役職と連絡先をメモに書いて、電話を通してキャッシュカードを5枚ほど騙し取ったという疑いがかけられています。

 

ですが、被害者の方はある疑問を抱き、警察に連絡して逮捕まで辿り着いたそうです。

 

その疑問とは…

 

  • 刑事の「刑」が「形」になっていた!
  • 詐欺の「詐」が書けていない!

 

さすがにこれは警察じゃないだろと思ったようですね笑

 

詐欺師は頭脳明晰な方が行う犯罪というイメージですが、例外も一部いるようです。

 

今日は、詐欺罪の復習と漢字の成り立ちを解説していきますね。

f:id:yamatono11:20200724183306g:image

 

 

【2.詐欺罪】

詐欺罪については、『青二才ヤマトノの学習帳』でも何度か解説しております。

 

詐欺罪は刑法246条に記載されており、罰則は「10年以下の懲役」にあたります。

 

詐欺罪の問題なのが検挙率の低さであり、大体の犯人は金銭類を騙し取った後に雲隠れをしてしまいます。

 

特に最近は、IT産業の発展に伴い、コンピューターに不正なデータを作っては架空の入金データ等を入力するなどの電子機器使用詐欺平成25年度に急激に増加しました。

f:id:yamatono11:20200724183036j:image

 以下画像を引用したサイト先のリンクです。

hakusyo1.moj.go.jp

 

平成25年度の検挙数を現在はまだ超えていませんが、それでもひと昔前に比べればかなり問題視されております。

 

今回の事例では、電話を介してキャッシュカードを騙し取ったようなので、恐らく純粋な詐欺罪に該当します。

 

いずれにせよ、10年以下の懲役なのでそこまで長くないうちに出所するでしょう。

 

きちんと罪を償って、二度と全国放送で醜態を晒さないように気をつけてもらいたいです。

 

 

【3.漢字の成り立ち】

ここからは、中学生の方にも参考になる漢字の成り立ちを紹介します!

 

ちなみに私は高校1年生で漢検2級を取得しました。

 

漢検2級まで持っていれば、高校3年間で習う漢字や四字熟語などを習得できるので入試の国語はだいぶ楽になります。

 

特に漢字は成り立ちに意味があります。

 

機械的に覚えても良いのですが、もしそれで全然覚えられないという方がおりましたら成り立ちを追っていくのもいいかもしれませんね。

 

今日は、せっかくなので刑事の「」の字を紹介していきましょう。

f:id:yamatono11:20200724183306g:image

 

まず、「刑」の部首はどこだか分かりますか?

 

少しシンキング空白を作ります。

 

例えば、「体」の部首でしたら、左の「イ」の部分、いわゆる「にんべん」になりますね。

 

「遠」でしたら、左部分の「之」に近いつくりである「しんにょう」になります。

 

では、「刑」の部首はどこでしょうか?

 

正解は、右側の「リ」の部分で「りっとう」と呼ばれます。

 

「りっとう」の由来は「刀」です。

 

だから、漢字の右側に「リ」がつくものは、刃物を用いた意味を表すことができるのです。

 

例えば、「判」でしたら「刀」で『分ける』という意味なりますし、「利」でしたら鋭利な「刀」で『鋭い』という意味になります。

 

「刑」の左側は「井」の字を変形したものであり、「きまり」や「わく」を表す文字になります。

 

「刑」は会意形声文字であり、会意とは2つの意味を持つ文字を組み合わせた漢字を表します。

 

つまり「刑」は「井」と「刀」を組み合わせた会意文字と言うことができます。

 

ちなみに、形声文字とは発音を表す記号を組み合わせた文字であり、簡単に言うと似たような漢字はみな同じ発音をするということです。

 

例えば、「刑」にそっくりな漢字として、「形」や「型」がありますよね?

 

これらを音読みで呼ぶと、すべて「ケイ」と呼ぶことができます。

 

これは、「刑」の左側の部分が「ケイ」という発音を示しており、漢字の90%は形声文字で作られていると言われています。

 

また一説によると「井」は「足かせ」「手かせ」を指しているとも言われており、足かせされている状態で刀によって切られている、いわば罰を受けている状態を指しているとのことでした。

 

そう考えると漢字一つ一つを丁寧に調べていくのも結構面白いですよね!

 

 

【4.終わりに】

本日は詐欺事件のおさらいに加え、視点を変えて漢字の成り立ちを見ていきました。

 

漢字等は義務教育で習うものはしっかりと押さえた方が後々生きていく不自由しないのでなるべく楽しく押さえておくと良いかもしれません。

 

今回のようにダブルパンチで恥をかいてしまうことにもなりかねないので、刑法には触れることなく真っ当に暮らしていきましょう!

 

というわけで今日の記事はここまでとなります!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク