青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

ツーブロック禁止は果たして…

どーも、青二才ヤマトノです!

 

今日は今ニュースで話題になっている『ツーブロック禁止』についていろいろ考察していきたいなと思います。

 

髪型を規制することは果たして生徒の人権を侵害するものなのか?

 

また、ツーブロック以外にも例を交えて書いていきます。

f:id:yamatono11:20200719140728j:image

 

 

◉目次

 

 

【1.さまざまな校則】

まずは、校則について見ていきましょう。

 

皆さんの通っている、もしくは通っていた学校では、どのような校則がありましたか?

 

僕の通っていた中学校では、靴下の色は絶対に白じゃなければダメで、口ゴム部分(足を入れる穴の部分ですね)にリングを入れてもOKかどうかで争われていました。

 

結果的にリングは認められましたが、他にもいろいろな校則がありました。

 

国公立の中学校とはいえども、校則はさまざまあると思います。

 

ただし、その校則には果たして本当に意味があるのかどうかは疑わしいですよね笑

 

では、今度は問題視されている件について見ていきましょう。

f:id:yamatono11:20200719162942j:image

 

 

【2.ツーブロック禁止】

ツーブロックとはこのように段差を作るような髪型ですね。

f:id:yamatono11:20200719130040j:image

 

僕も髪型についてはそこまで詳しくないのですが、ツーブロックはたまに入れてもらっております。

 

男性については夏は涼しいですし、若々しくてカッコいい髪型だと思います。

 

女性も今やツーブロックを入れる方が増えているみたいですね。

 

髪が軽くなるのがとても良いみたいです。

 

社会人にもなってしまえば、オーソドックスな髪型の1つになるので、そこまで僕は気にしません。

 

ですが、都立高校の校則でツーブロックを禁止にしたことがだいぶ波紋を呼んでいます。

 

議員の方が

「なぜ、ツーブロックを禁止にするのか」と問い出したところ、教育長は

ツーブロックは事件に遭う」と答えました。

 

これに関しては議員も呆れた様子でした。

 

正直、根拠は不明瞭ですし、本当は単純に生徒を縛りたいだけなんですよね。

 

そこを誤魔化してしまうから、チグハグな答え方になってしまうのです。

 

禁止が正しいかどうかはともかく、下手な答えになるぐらいなら、せめて統一させて集団の1人として自覚させると正直に言った方がまだ良かったのかなと考えます。

 

 

【3.髪型と人権】

この問題を広く捉えると人権の話になります。

 

憲法13条では、個人の尊厳について規定されており、公共の福祉に反しない限り最大限の自由が尊重されると明記されております。

 

また、同条では自己決定権といって、自らの行為において自由な選択権が与えられていると考えられています。

 

服装や髪型を強制されることも本来はありません。

 

とはいっても組織はある程度の規律を設けなければいけないこともあるでしょう。

 

ただ、原則国が個人の髪型について介入することはできないはずですし、ましてやツーブロックと今では主流になっている髪型の規制はもはや時代遅れなのかもしれませんね。

 

 

【4.高校球児の坊主】

僕はツーブロック問題よりも、高校球児の坊主強制に疑問を抱いていました。

 

もちろん、坊主が悪いということではありませんが、髪型を強制されるということがどうなんだろうと感じております。

 

坊主にどうしても抵抗がある方は野球が出来なくなりますからね。

 

ツーブロックに関しては、自分が望む髪型ができないことに関しての規制ですが、高校球児の坊主については髪型を統一させる規制となります。

 

これを機に高校球児の坊主強制についてもしっかりと考えた方がいいかもしれません。

f:id:yamatono11:20200719163330j:image

 ※参考までに画像を引用させていただいたリンク先の記事も参照するといいかもしれません。

m.huffingtonpost.jp

 

【5.終わりに自己見解】

本日の内容はツーブロック禁止における人権のお話でした。

 

この校則にはさまざまな声が上がるとは思いますが、髪型1つをとっても自己決定が与えられています。

 

時代の流れをきちんと捉えながら、学校も少しずつ変わっていくことが大切です。

 

文化慣習という言葉は時に便利な道具となってしまいます。

 

変わることに煩わしさを感じ、前例主義を貫徹させてしまう可能性を秘めております。

 

そういう意味で、既に一般化されているツーブロックに関しては僕は認めてもいいと思いますし、高校球児も坊主一択にする必要はないと考えます。

 

というわけで今日の記事はここまでとなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!