青二才ヤマトノの学習帳

ドッジボールは最高のスポーツ

誹謗中傷を正当化するな

f:id:yamatono11:20200530101711j:image

 

前回までチームを強くする言葉シリーズを更新していましたが、今日は違う内容を書きます。

 

女子プロレスラーの方が原因は明らかにしていませんが、自ら命を絶つ悲しい出来事が起こりました。

 

その要因のひとつじゃないかと考えられていることとしてSNSを通した誹謗中傷が挙げられております。

 

今日は誹謗中傷について、疑問に思う点とかいろいろありましたので、ブログに綴りたいと思います。

 

◉目次

 

 

 

【1.誹謗中傷とは?】

f:id:yamatono11:20200530103126j:image

そもそも誹謗中傷とは何でしょうか?

 

これについては明確な答えはありません。

 

まず、被害者がどう感じるかが1つの基準になりますからね。

 

後は、裁判所が決めることです。

 

僕も誹謗中傷を受けたことがありますが、どのような言葉であれども汚い言葉は気持ち良くはないですよね。

 

ネットリンチは実体を掴めないだけタチが悪いなと思います。

 

今になって、自分のコメントは誹謗中傷にあたりますか?などという声も増えてきているようですが、その心配をする時点で攻撃の意思があるということですからね(笑)

 

はっきり言えば、何を寝ぼけたことを抜かしているのかという感じです。

 

因みに、いくら叩いている内容が事実だとしても、場合によっては名誉毀損に該当するので、よく条文を読まれるといいかなと思います!

 

 

【2.法的措置】

次にご紹介するのが、法的措置のお話です。

f:id:yamatono11:20200530104854j:image

 

私は誹謗中傷を受けていた頃から、法律には専攻しているような人を除いては割と詳しい方だったので、せっせと証拠集めに走っていました。

 

態と背中を見せると、思惑通りどんどんエスカレートしていったので、証拠集めは容易かったです。

 

いつでも訴訟起こすことはできたのですが、そこで悩んだのが弁護士費用含めたその他諸々の訴訟費用でした。

 

※オープンにしてしまうと裁判が不利になることも知っていたので、訴訟起こすことは誰にも口外していなかったです。

 

結構勘違いされている方が多いのですが、裁判に勝ったとしてもかかる費用全てが請求できるわけではないんです。

 

弁護士費用は本人負担ですし、大抵和解に持っていく流れになるので、訴訟費用自体も必ず10割請求できるとは限りません。

 

自分で会社やってて経費から費用払えるのなら別ですが、当時の僕はまだお金もあまり無かったので尚更キツかったですね(笑)

 

恐らく被害に遭われた方がまず立ち止まってしまう部分だと思います。

 

僕の場合は結局訴訟起こすことなく終わらせましたが、より多くの不特定多数の人間から攻撃されている方はかなり大変なのは間違いありません。

 

とりあえず、言えることは

最初は負けてていいんです。

 

シメシメと思いながら、裏に回ってひたすら証拠を集めてください。

 

法テラスなど、無料で弁護士に相談できる場もありますので、そこでいろいろと情報を仕入れてもいいでしょう。

 

大事なのは、ペンの喧嘩に強くなることです。

 

合法的に喧嘩できるのが民事訴訟ですから。

 

 

【3.心豊かな人になる】

f:id:yamatono11:20200530110853j:image

誹謗中傷が趣味になってしまっている方に言いたいのは、

心豊かな人になりましょう。

 

誹謗中傷する時間があったら、その時間を利用して勉強するなり、運動するなり有意義なことをした方が間違いなく良いんですけどね。

 

後、これだけは言いますが、誹謗中傷に

言論の自由を唱える人は中学生の公民からやり直しましょう。

 

言論の自由の歴史をきちんと勉強した方が自身のためになるかと思います。

 

また、被害者側がSNS辞めれば良いという意見もありますが、なぜ被害者の方が制限を加えられなければならないのかという大前提を考えましょう。

 

確かにブロックするなどといった最低限の対処法はあるかもしれませんが、結局アカウント変えてこられたら何も変わりありませんし、なぜ被害者側が気を遣わないといけないのかという話ですよね?

 

道歩いていたら急に見知らぬ人に殴られて、

「この道を歩いていた僕が悪かった」となりますか?笑

 

虐められている方も悪いというあんぽんたんな考えと何にも違いありませんよ笑

 

ムシャクシャしてるから殴らせろとか土管の上でリサイタル開く少年と何ら変わらませんからね?

 

罰せられるのは14歳以上です。

 

でも、罰せられるからではなく、当たり前のルールは当たり前に守りましょう。

 

人の痛みを理解できる人間になれるよう努力するだけでだいぶ変わります。

 

もし、酷いこと言ってしまったら

心から「ごめんなさい」をしましょう。

 

言わされるごめんなさいではなく、

自分から誠心誠意謝れる人間になれると良いですね。

 

 

【4.まとめ】

今日のまとめは1つ。

 

誹謗中傷を正当化するな!

 

タイトル通りです。

 

後は訴訟については、考え方を改めていいと思いますよ。

 

訴訟は合法的に認められているもので、権利ですから。

 

訴訟起こすことは何も悪くないんです。

 

ただ、費用等いろいろ悩みを抱えるかと思いますので、プロにきちんと相談しましょう!

 

と今日の内容は以上となります。

 

また、Twitterでも随時情報提供しておりますので、ぜひ確認してみてください!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

青二才ヤマトノ@はてブロ✍️ (@springboksrose) on Twitter